カテゴリー「自転車」の記事

2018年6月19日 (火)

僕がリクセン&カウルに変えたいきさつ

タイトルは「僕がハリーズバーガーショップをやめたいきさつ」のオマージュ(?)です。
現在は「80年代SF傑作選(下)」に収録されているらしいですが、この本は買った覚えがない。
と言うか読んだのが80年代だったと思うので読んでた当時に80年代傑作選なんて本が出ている訳がありませんから別の本に収録されていたのだと思う。

現状への不満から見知らぬ世界への憧れを抱くバーガーショップ店員の前にパラレルワールドを渡り歩く冒険者たちが現れて一緒に冒険に行こうと誘われるお話。
80年代ですから今時の厨二病全開な俺Tueeeなお気楽異世界転移ではなくてバーガーショップ店長に冒険者達の裏事情を聞かされて現状認識を改める哲学的(?)な展開のハードボイルドテイストなお話しです。

書いてて思い出したけど異世界の魔王がハンバーガーショップ(専門店じゃなくて寂れた感じのダイナー)で働く話があった気がするがタイトルを思い出せない、何かのはずみでタイトルを思い出したら読み返してみたいかな。

オーストリッチのリュックを使っていたのですが、反射材シールが剥がれてきました。
オーストリッチ

オーストリッチのこのリュックはそこそこ使い勝手は良いのですが、色褪せするとか反射材が剥がれるとか耐久性には問題があります。
解っていて2個目を購入したのでそのあたりの問題は織り込み済みで、あまり大きな問題ではなく買い換えのためのエクスキューズでしかありません。

リュックを背負って自転車に乗ると背中が汗だくになるのでシートポストに付けられるいリクセン&カウルのリュックが欲しいと前々から思っていたのです。
でも、リクセン&カウルのアタッチメント対応のリュックはチョットお高いので踏ん切りがつかなかったのです。
今回は「オーストリッチのリュックの反射材が剥がれてきてみっともなくなりそうだから…」と言い訳してリクセン&カウルのリュックを買ってしまいました。
通勤に使うのが主目的なのでスポーツタイプじゃなくてお洒落なフリーパックシティ の方です。

シートポストに付けるためのアタッチメントは別売りですがコレは既に持っています。
リクセ化したモンベルのフロントバックをリアに付けたらお洒落じゃねっ?
の閃きのもとに試した事があるのいですが… (´・ω・`)
試したその日に財布と携帯を落とす悲しい事件(? 事故?)がありまして「(走っている時に)見えない場所にバック付けちゃダメだよね」と反省(?)して以後は使っていません。
あー、でもこれアダプタ付けるとサドルバックが使えないからモンベルフロントバックを復活するしかない。

そう言えば、モンベルのフロントバックは私が買った頃とは質感が変わって軽そうに見えます。

早速、荷物を詰め込んで自転車に装着してみます。
商品画像では分かりにくかったですがサイドポケットが思ったより多くて色々入って便利に使えそうです。
毎朝、出社した時にリュックを引っ掻き回してセキュリティーカードを取り出すのに一苦労でしたが、これだけポケットがあるとバックを引っ掻き回さなくても済みます。

フリーパックシティ

Amazonのレビューを読んでクリアランスが取れるのか心配だったのですが大丈夫そう…かな。
ブルベ時に使っていたコントアーマグナムは一見クリアランスが足りてるように見えて振動で上下した時にタイヤに当たっていたようで底が擦れてすり減ってましたから油断できません。
コントアーマグナムは磨り減った底部分にダクトテープ貼ってごまかしてますが、このリュックの底が擦れたから悲しいものがあります。

後は、上背(?)があるので跨いで自転車に乗れるのか、跨ぐ時にリュックを蹴飛ばしそうなのが心配ではあります。
普通にやると足が上がらない (´・ω・`) ので車体を傾けないと乗れません、あるいは(BB傷むからやらない方が良いと言われてますが)ケンケン乗りなら乗れます。

フリーパックシティ

暑くなってきましたからね、背中が蒸れないのは思った以上に快適、買ってよかったリクセン&カウル

。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月12日 (火)

みんなどうしてる?グローブ沼

グローブがボロくなったので新調しました。
サイズとかフイット感とかで中々ピッタリなグローブを選ぶのは難しくないですか?
ショップで試着して現物合わせが出来れば良いのですが、グローブを試着できるショップもそんなにないし、試着できても全部のグローブを試せる訳でもないですよね。

最初に使っていたのはGOLDWIN スタンダードハーフ(ブラック)
一番最初のやつはショップで現物あわせで買ったような記憶が薄っすらあったりなかったりする。
コレがミラクルフィットで物凄く気に入っていて3個くらい使い潰したかな。
その後モデルチェンジとかで入手できなくなってから私のグローブ沼が始まりました。
その頃は流通在庫が幾分残っていて、黒はなかったけど青は手に入りました…が、コレは失敗でしたね。
ブラケット握っていると視界の端に手が見えるのですが、コレが青だと(視界の端に青色が見え続けると)何故だか精神的にすごいストレスでイライラします。
バーテープが赤なので補色になってるのがマズイのかもしれません。

その後はパッド付きやジェル入りなど色々迷走しましたがどれもパッとしませんでした。
どうしても合わない訳ではないのだけど、パッドが邪魔だとか手のひらに縫い目があるのは嫌だとか、だんだん私にとっての良いグローブの条件が解ってきました。
グローブのサイズ表を見つけてからはフィット感はあまり外さなくなりました。
メーカー同じだからと思って買ったGOLDWIN アクティブハーフはかなり良かった。
手のひら側がフェルト(?)みたいな生地で感触が良くて文句なかったのだけど…ブルベ3回(200Km+400km+1200Km)で手のひら側の生地が擦り切れ穴が開いてしまいました。
1200Kmブルベの後はしばらく握力が戻らない大ダメージでしたから使い方が過酷だったのかもしれません。
普通にサイクリングとかに使う分には良いグローブな気がしますが…耐久性に難ありな疑惑が払拭できなくて再購入は躊躇われますが (ㆀ˘・з・˘)

今使用しているのはお店で現物あわせで買ったやつ(メーカーとかよくわからない)ですが、手首のところのマジックテープが固めのプラスチックみたいな材質でしかも縫製がいい加減で曲がってついてたので固いマジックテープ部分が手首に当たって痛いんで一部切り取って付け直して使っていました。
フィット感とかは問題なかったのですが手のひら側の生地が毛羽立ってボロボロ感が出てきたので買い替えです。

アレコレ試してるうちに「セリアの指切り軍手で良くね?」って気もしてきたのですが…生地的に蒸れそうな気がしなくなくもないので、まぁ無難に普通のをかおうと思って今回購入したのが PEARL IZUMI 22 スリップオングローブ
フィット感はよくてピッタリフィットなのは良いけど…ペラッペラよ (´⊙ω⊙`)
はめた感じは薄手のゴム手袋見たいな感覚
パッドはなくて良いけど適度な厚みは欲しい感が… 大丈夫かコレ (・Д・`)
グローブ沼はまだまだ続きそう。

。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月17日 (土)

OSTRICHのリュックを買い替えました

普段使いにしてボロくなったリュックを買い替えました。
不満な点もあるものの片道8kmの自転車・徒歩通勤用(自転車は往復ですが、徒歩は帰りだけで朝は電車です)として軽くて背中にフィットするので使い勝手が良く他にコレというリュックもなかったので同じモノを再度購入しました。


新旧比較

最初に購入したのは2014年、ブルベ最速ランドヌールのプレゼンツで登場して注目を集めて使用しているランドヌールも多かったように思います。
私も購入時にはブルベ用に考えていて300/400のブルベはこのバッグを背負って走りました。
どうも私は背中から排熱するタイプのようでバッグを背負って走ると排熱が間に合わずに熱中症(?)的な状態に陥るので雨ブルベとか寒い時期のブルベでしか使用しなくなり、最終的には通勤用になってしましましたが(´・ω・`)
購入半年くらいから色褪せが目立つようになり3年たった頃には反射材が剥がれて見窄らしい姿になり4年目には荷物を詰め込みすぎたせいかチャックがおかしくなってきました。
流石にみっともないので昨年末(12月の初めですよ)にAmazonOKで注文したのです。
注文時には「在庫あり2~3日でお届け」だったのが注文確認メールでは「2週間以内にお届け」に変わり、発送状況を確認したら何時のまにか「年内にお届け」に変わり、帰省して正月を過ぎたら「2月1日までにお届け」に変わり2月1日になったら「3月1日までにお届け」に変わっているという…見事なKOnozamAをくらってしましました。(・Д・`)
Amazonはキャンセルして他の業者に注文したら3日後には届くという…Amazonダメじゃん。

新旧のリュックを比較すると内ポケットの材質がメッシュからナイロンに変わってました。
この内ポケットは殆ど使ったことがないのですが、何となくメッシュの方が使いやすいような気がします。コストダウンでしょうか。
新旧比較

もっとコンパクトなポケッタブルリュックを持っているので添付の袋も使ったことはないのですが、一応コンパクトに畳めるのも売り文句になってます。
新旧比較

A4サイズの書類が入らないので偶に不便を感じますが通勤用と言っても普段は雨具(折り畳み傘)とお弁当くらいしか入れてないので不足はありません。

。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月10日 (金)

【義務化されました】自転車保険

埼玉県条例が改正されました。
【条例改正】埼玉県では自転車保険への加入が義務になります

ブルべ参加者は保険に入ってますから今更ですし、不測の事態に備えておくのは良いことだとは思うのです…が…
AJが団体保険加入を諦めた時のように保険料の値上がりと保険会社の撤退が心配です。

。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

助けて!!レインウエアが息してないの!!【撥水加工やってみた】

久しぶり(1年5ヶ月ぶり)に雨の中を走ったのですが…
昨年のゴールデンウィーク前に使ってそれっきりだったゴアテックスがシミッテックスにクラスチェンジしていて泣けました。

使っているレインウエアは持ち運びの為に小さく畳めるる事を優先して
軽度の小雨(で短時間)ならカペルミュール レインジャケット+ホームセンターで買った380円のレインパンツ
本降りならモンベル スーパーストレッチ サイクル レインジャケット+ モンベル スーパーストレッチ サイクル レインパンツ
で使い分けていました。

カペルミュールは普段から携行しているので2〜3回使う機会があったのですがモンベルはブルベとか本格的な(300km超の伊豆半島一周とかの)ツーリングでもないと使う機会がありません。
久しぶりに使ったらレインパンツの裏地に前回落車した時に貼ってたバンソウコウ(特大)が貼りついてた位でメンテナンスもせずに放置していたので仕方ありませんが、まるでコットンシャツかの如く雨が染みてゆく様を見るのは悲しいものがありました。

過去に2回位(ハッキリ覚えてないけど2〜3回)撥水スプレーを掛けた事はあるのですが、今回はメンテナンス不足を反省したのでモンベル レインウエアのお手入れ方法を参考にキッチリやって見ました。

レインウエアは洗うと撥水加工が台無しになる気がしていたのですが洗った方がよいそうなのでキッチリシッカリ洗いました。
専用洗剤が良いそうですが今回は用意できなかったので、いつもの(グローブやヘルメットを洗うのに使ってる)トニックシャンプーを使用しました。
脱水すると痛むそうなので暫く干して水気を落とします。

今回はスプレーではなくリキッドにしたので、濡れた状態のレインウエアに散布
乾燥機…は家にはないのでコインランドリーに行って20分間乾燥

か・ん・ぜ・ん 復活
水が弾かれてコロコロしてます、これなら全然濡れる気がしません。

。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

【ブルベ用に】eTrexのGPXファイルをカスタムするツール【作ってみた】

ブルベでeTrex30を最大限活用する為にGPXファイルをブルベ用にカスタムするツールを作ってみました。

そもそもはeTrex30購入直後の試行錯誤から始まっています。
【eTrex30J使ってみた(2)】 最高高度地点▲↑表示 【意外に使えない】
【eTrex30J使ってみた(3)】 最高高度地点▲↑ 【表示/非表示の方法】

毎週ブルベとかではないので都度手作業でGPXファイルを改竄していたのですが、いい加減面倒になったのと近接アラームを設定したくなったのでツール化しました。
ベースになっているのはYUPITERU ASG-15用にATLASTOUR Plannerで作成したトラックデータ(GPXファイル)をeTrexで使えるように変換するツール(自作/未公開)です。
もう販売されていませんがブルベ用にはYUPITERU ASG-10/ASG-15は最上のGPSだと思っています。
※後継のASG-CMxxはASG-10/ASG-15とは別物でブルベでの使い勝手はよくありませんでした。

eTrex30の使い勝手がYUPITERU ASG-10/ASG-15に近づけば(2個ある)手持ちのASG-15が動かなくなっても安心って事で使い方を試行錯誤しています。

eTrexのGPXファイルをカスタムするツール GPXNE
ご利用は自己責任で、ノークレーム/ノーサポートでお願いします。

GPXNE(GPXファイル Non ELEVETION)
(1)ATLASTOUR Plannerで作成したトラックデータ(GPX)をeTrexで読み込めるように加工する。
 ※Waypointをトラックの外に移動します。
 ※Waypointにシンボルが設定されていない場合にシンボルを割り当てます。
  (別にシンボルなくても困らないので暫定的に数種類を選べるようにしています。)

(2)トラックポイントの標高を操作します。
 ※[何もしない][標高0mにセット][削除]のいずれかの動作を行います。
 ※標高データを[削除]した場合eTrexは標高データを地図から補完します。
  (標高データのないトラックをトレースしようとすると標高設定が行われるので起動に時間がかかります。)

(3)Waypointに近接アラームを設定します。

(4)このツールで保存するとトラック名の末尾に"NE"が付加されます。

ルートラボでルートを作成 
  => BASECAMPでWaypointを設定
  => GPXファイルをエクスポート
  => 標高データを改竄
  => 改竄したGPXファイルをBASECAMPにインポート
  => eTrexに入れる
ってのが一連の流れです。

----

変更前のルートデータをBASECAMPで見た状態
----

変更後のルートデータをBASECAMPで見た状態
・近接アラームに距離が設定されています。
 ※Waypointの拡張情報は削っているので住所とか電話番号はなくなっています。
・ルート名に"NE"が付加されています。
----

両方のルートをeTrexで見た状態。
変更後は▲↑が出ないのでPC間や主要ポイントまでの距離が把握しやすくなっています。
----

改竄する前のトラックデータと改竄したトラックデータの両方をeTrexに入れておいて
最高高度地点▲↑ を表示したい時には改竄する前のトラックデータを使えば良いです。

。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月29日 (日)

【何としてもゴールする】ブルベ用の最強ホイールを考える (2)

【何としてもゴールする】ブルベ用の最強ホイールを考える 前回の続き

スポークが切れた方のWH-RS21ですが「ソレを捨てるなんてトンデモナイ!」ので直して使います。
完組ホイールは一度切れるとスポークテンションにバラつきが出て再度切れやすくなる………と聞いたような気がするのでブルベで使うのはどうかなぁ…とは思いますが普段使いには問題ないと思います。
以前スポークが切れて自分で直したWH-R500は問題なく使えてますので。

スポーク(260円位)を買ってきてサクッっと交換。
WH-R500の時はニップルを舐めまくってしまいました、ペロペロです。
携帯工具のスポークレンチを使ったのが悪かったんだろうと思ってチャントしたのを購入すべく調べたら、シマノの完組ホイールはニップルが普通のサイズではないので市販のスポークレンチでは回せないらしい。
SHIMANOの純正工具があるらしいのですが無駄にお高いようなのでお安い4mmスパナを使いました。

WH-R500の時は始めてだったものあるのでしょうがリムテープまで外す大騒ぎでしたがWH-RS21は簡単に交換できました。
大きな差はWH-R500がJベンドなのに対してWH-RS21はストレートプルである事ではないかと思います。
----

こんなに簡単に直せるなら予備のスポークを持って走れば良いじゃない!!
切れてもすぐに直せるし!!
と言う訳で予備のスポークをシートポストに仕込んでみました。
これでスポークが切れても修理して自走が可能になります。
----

WH-R500はテキトーに直しましたがWH-RS21は安心でし使えるレベルにしたいのでミノウラ 振取台 FT-1 COMBOを投入。
WH-RS21を新しく買うのと同程度の投資になりますが、今後の事も考えると有った方が良いかなぁ…と思いまして。
----

こんな動画を見つけまして

RS21のスポークテンション上げればブルベ用に使ってるMAVIC Ksyrium SLに近い使用感がだせるんじゃないか…
とか思ってしまったのでやってみました。
テンションメータは持っていないので適当~です。手でさわってハッキリ違いが判る位にガッチガチにしました。

ノーマルRS21とガチガチRS21を乗り比べてみました。
朝練コース(25Km)を走った感じではガチガチRS21はノーマルRS21で感じたモッサリ感が解消されて出足が軽くなったように思います。
3%以下のゆる~い上りで感じた微妙なダルさが改善されたように感じました。(フラシーボ?)
走行平均が若干速くなっていたので気のせい以上の効果はあったのだと思います。

で、Ksyriumと比べてどうなのよ…って事でKsyriumでも走ってみました。

………なんかもうね
2万円のホイールと12万円のホイール、10万円の差額を出すだけの価値があるのか?と言われると個人の価値観や考え方によるとしか言いようがありません…が
歴然とした差は確かにあります。
モッサリ感がとか出足がとかのレベルじゃなくて、しっとりとした安定感と踏めば即座にスピードにのるというか伸びを感じます。
もうね、次元が違うのよ。「ザクとは違うのだよ!」ってやつ?
RS21がKsyriumの代替えになるとかあり得ません。
WH-RS21しかなければコレで走るし問題はないけどKsyriumがあるのにRS21で走るかって言われるとねぇ。
「脚が終わってからが本番です」なブルベでこの差は大きいと思う。

Ksyrium SLもストレートプルで交換は比較的簡単そうだからKsyrium SLのスポークも買っておこう
※右側はフリーハブボディを外さないと交換できないっぽいけど、MAVICはスプロケ付けたままでもフリーハブボディを外せるので大丈夫な気がする。

と、思ったのですが…スポークの購入には
・ホイールのシリアルNoが必要 --- 正規代理店を通して買ったので保証書もあり問題なし。
・リア右、リア左、フロントのセット(各6~8千円)単位でしか販売してない --- orz ご予算が足りません。
ってか1セット買ったら全交換しないと勿体ないけど全交換する根性はないです。
切れる前に交換しておく方が良いかも…と思い始めてます。

続く…… かも。

。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月19日 (木)

【何としてもゴールする】ブルベ用の最強ホイールを考える (1)

※方針は決めてるのですけど、ご予算が無いので半年くらい引きずります、多分。

サイクリング中にスポークが切れまして…走行不能に陥って輪行で帰ってきました。

何となく、スポーク切れても周囲のスポークのテンション調整すれば自走可能な程度には補修できるだろうと思っていたのですが………
そんなに甘くなくて「ビキッ」って何かが割れた?折れた?ような音がして止まった時にはリムが歪んでブレーキに擦ってペダルが回らない状態になっていました。
ブレーキ解放しても擦って走れないのでブレーキワイヤーゆるめて最大限解放したけど今度はタイヤがフレームに擦って走れない、現実はキビシかった。


今回、スポークが切れたのはSHIMANO WH-RS21
11S対応の完組ホイールでは廉価な割に見た目が良いので普段履きに使ってました。
1万円位で買えますので修理するより買い直した方が早い気がする廉価品です。
ですので速攻でリアホイールを買いました。

今回は駅が近かったので何とかなりましたが
「ブルベ中だったら…」
「脱出ルートのない山中(クリスタルラインとか秋葉街道とか)だったら…」
走行不能に陥るのは非常に困る、家に帰れない。

今年は秋葉街道を走りたいと思っていますので、脱出経路のない秋葉街道でスポークが切れて走行不能になったら………を、真剣に考えてしまいました。

今までホイールは重量や性能(とデザイン)でしかみていませんでしたが、ブルベ用として何としてもゴールに辿り着く事を命題と考えると、今使っている完組ホイールは必ずしも正しい選択ではないように思えてきました。
スポーク少ないですから1本切れたら即走行不能ですから。

だったら手組だよね、直せる手組最強!!
と思っていた所、逗子200の試走中にお会いしたマヤさん(←ブルベ界のレジェンド)の自転車を何気なく見ていたらMAVIC OpenPRO(MAVICの手組用リム)ではないですか。
お話を聞いたら「けーこさん(←ブルベ界の超人)と同じやつよ~」との事で、やっぱ手組最強なのかなと手組ホイールの購入を考え始める。

あれっ? レジェンドも超人も完走率はそんなに高くなかったような………

【何としてもゴールする】ブルベ用の最強ホイールを考える (2)に続く

。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月30日 (水)

【eTrex30J】液晶保護フィルム貼り換え

元々そういうモノなのか、私の扱いが雑なのか………
ふと気づくと液晶保護フィルムが傷だらけのボロボロで変な風に乱反射して画面が見づらくて仕方ない。
決して安くはないので勿体ない感しかないのだけど見えづらいと凝視する事になって危ないので貼り換えです。
----

何種類かあるっぽいけど特にこだわりはないので検索して出てきた最初の奴をポッチっとな。
キズ自己修復保護フィルム GARMIN eTrex 10J/20J/30J
----

これでまた一年戦える。

。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 8日 (金)

【電池比較】CATEYE HL-EL540RC【専用電池って凄いの?】


ブルベ用に使用していたエコノムフォースのレンズ部分が割れてしまったので代わりを……
検討したのですが乾電池運用出来る適用なライトが他にないので再びエコノムフォースを購入しました。
今まで使っていたのはHL-EL540、新しく購入したのはHL-EL540RC
ライト本体は同じモノですが、専用電池と充電器が付いています。


カタログウペックでは専用電池を使用した場合
Hiモードで5時間、Lowモードで15時間の実用点灯となっています。
付属の専用電池はカタログスペックではエネループPROと同程度ですが今までHL-EL540をエネループで運用して来た感じではランタイムは3時間位だった気がするので実測してみました。

計測に使用するのはお馴染み(?)シャレで買ったコンパクトデジタル照度計です。
SHIMANOスポーツカメラ CM-1000で1分間隔のインターバル撮影を行い照度の推移を観測しました。

まず、専用電池を使用した場合。
5時間17分目までは明るさが変わらず、5時間18分目から急速に暗くなります。
--------
--------

次に、エネループ(Panasonicロゴの奴)を使用した場合。
4時間49分目までは明るさが変わらず、4時間50分目から急速に暗くなります。
暗くなり始めたら一気に真っ暗になる位の勢いですね。
--------
--------

最後に、エネループProを使用した場合。
ただし、このエネループProは購入したのが3~4年前でセルの不均等とか起こってる気がします。
カタログスペックからすると失敗的な結果なので参考にはならないかと。

3時間39分目までは明るさが変わらず、3時間40分目から徐々に暗くなります。
緩やかに暗くなる感じで暗くなり始めてからも30分位は使えなくはない感じです。
--------
--------

専用電池はエネループProより更に太目な感じがしますので他のAA電池駆動の機器には入らないか入れたら外せなくなるか…トラブルになる気がします。
ブルベだと600Kmでも電池は2セット(8本)あれば足りるので専用電池を買い足すかエネループにして置くかは悩むところです。
※Hl-EL540がメインライトではないので通常Lowモードで下りだけHiにするとかしてます。

。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧