カテゴリー「アニメ・コミック」の記事

2018年7月 5日 (木)

ラプラス式タイムマシンとか、その発想はなかった

数あるSFジャンルの中でもタイムパラドクスが大好きです。
ロバート・F・ヤングの「たんぽぽ娘
J.T.マッキントッシュの「第十ラウンド」が一押しです。
「第十ラウンド」は現状では手に入らないみたいなのが残念です。

 

プロローグとエピローグが繋がっている作品も好きです。
まつもと泉の「きまぐれ☆オレンジロード」はタイムパラドクス&プロローグとエピローグが繋がってて好きです。
ゲームではドラゴンクエスト3がドラゴンクエストに続いている時間軸の表現も感動的でした。

 

それを踏まえて、面白いタイムパラドクス表現のラノベにあたってAmazonに6千円を貢いでしまいました。
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ないシリーズ

 

タイトルは有名な羊のオマージュですよね、多分。
単なる語呂合わせな気もしますが、本物とは何か的なテーマが隠れてたりするのかな、電気バニーでも良いじゃないか的な?

 

ちなみに今秋アニメ化されるらしいです。
青春ブタ野郎 アニメ化PV

 

よくあるSFでは過去を改変する事でパラドクスを起こすのだけど、この作品では「今の時間軸は過去の自分が予測している未来の世界、だから現在に戻れば未来を変えることができる」としています。
過去に戻ってないのでパラドクスは起きてない、けど物語の時間軸から見るとパラドクスが起きている。

 

この発想はなかった。(ラプラスの)悪魔と(シュレディンガーの)猫大活躍

 

タイムマシンじゃなくて未来シュミレータになるのかな、盛大な夢オチじゃないか?という気もしてきた。
主観的には時間遡行なのでタイムマシンとですよね。
「十分に発達した科学は魔法と見分けがつかない」って言いますから「十分に正確な未来予測は時間遡行と見分けがつかない」って話なのだと…

 

伏線回収までのスパンの長さも良いです。
1巻冒頭で語られる伏線を回収するのに2巻、3巻の2冊を丸っと使って伏線を回収するための伏線が張られ、7巻で「あー、アレがココにつながるのか」と感心させられる。
単独で存在したならば御都合主義でしかない7巻が2巻、3巻の伏線で補強されることで無理なくストーリーが進行します。

 

何より良かったのが舞台が藤沢から七里ヶ浜の地域であることですね。
しょっちゅう行ってるあの場所、あの店、あの駅の描写を見るだけでも楽しくなります。
聖地巡礼したがる人の気分がちょっとわかりましら。
これから夏の間は車が多すぎて行きたくない方向ではあるのですが、ラノベの舞台になってると思うと いつものポタリングコースが違う風景にみえるから不思議です。

 

この後に読み始めた別のシリーズでも箱の中の猫大活躍ですが、最近のトレンドなの?量子力学

 

特殊相対性理論ブームでロケットに乗って未来にGO!な作品多かった頃を思い出します。
「私が見ていなくても月はそこにあると思う」と語った(と言われているい)アインシュタイン時代の終焉を感じます。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月31日 (月)

ノーゲーム・ノーライフ ゼロ

最後に(劇場で)見た映画が何だったか思い出せない位久しぶりに映画を見てきました。
原作が好きだったのとPVに釣られて…

 

原作の6巻「ノーゲーム・ノーライフ6 ゲーマー夫嫁は世界に挑んだそうです 」の映画化です。
6巻はテト(唯一神)が語る昔話で、この話だけで完結してるからでしようね。

 

文字(小説)と映像(アニメ)のメディア特性の違いによるのでどっちが良いとかって話ではないのですが、映像化された事で欠落した情報が少なからずあって、しかも欠落部分が割と重要な情報だったりするので予備知識なしだと意味が分からない所が出てくるのではないかと推測します。
クライマックスでの「251秒」の重みとか「対未知用戦闘アルゴリズム」の意味とかアニメでは語られてないですし、説明(ルビ)なしで唐突に「シュピーラー(意志者)」とか「プライヤー(遺志体)」とか言われてもドイツ語なんて知らないし、アルトシュの天敵とかエクスマキナの最終決戦とか数カットで流されてしまって何が起こったのか意味不な部分もあります。

 

逆に映像でないと伝わらない部分ももちろんあって「おにいちゃん、もう我慢できない。」の棒読み加減とかアインツィヒが告げた伝言の口調とか。
全体的には後半の尺が足りない感じでチョット端折られてる印象を受けました。

 

映画的には割と良い出来でしたが…角川映画全盛期のコピー「読んでから観るか、観てから読むか?」だったら読んでから観るべきアニメだと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月12日 (水)

Re:ゼロから始める異世界生活

雪に見舞われた週末から飛び石の祝日だった建国記念日にかけて読みふけってました。

 

ジャンルとしてはオーソドックス(?)な異世界召喚、ある日突然見知らぬ世界に~って奴です。
このストーリーの胆は主人公がサッパリ何の特殊技能も運も知識も経験も持ち合わせていない全く普通の高校生(不登校)だということです。
何の取り柄もないので失敗します…そして死にます。
主人公に与えられているのは死んだら最初からやり直しになる時間遡行の能力
トライ&エラーを繰り返し、自分が死ぬ/親しい人が死ぬ状況の改変を試みる…タイムパラドクスと思えなくもないですね。
この場合、改変するのは過去ではなくて未来ですけど。

気に入ったので挿絵を探して検索してたら大元のWeb小説版を見つけました。
原作(原版?) Re:ゼロから始める異世界生活はR-15指定になっています。
グロテスクな表現があるからかな?第3ループ1回目~2回目の狂気編とか、第4ループ1回目の腸狩りの描写とかちょっと…苦手な人はご注意くださいレベル。
現時点で文庫10冊分くらいのボリュームがありますが、出版時には(グロ)表現とか元ネタが思い当たるセリフとかに修正が入るのだと思います。

 

2/25、3/25に2巻、3巻が発売予定ですがトライ&エラーの繰り返しでBAD ENDの方が多いので区切りによっては鬱展開で続く…になるかも。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

男性が少女マンガを読むのが何か変な事なのか?

ヘッドラインしか見ていないし詳しい事は知りません。
少女マンガを(4冊も)持っている男=変質者 の公式が断片的に流れているみたいですね。

ゆりかごから墓場まで、マッチからミサイルまで、聖書からポルノまで端から端まで網羅してみなければ本当に面白いものは見つけられないし良い本を前にしてカテゴライズは意味を成さない…のが持論で片っ端から本を読み漁り、給料の大半を本代につぎ込んでいた時期がありました。
で、その時期に少女マンガも読み漁っていて…まぁ、だいたい覚えてないのですが ^^;

少女マンガと言われてステレオタイプ的に思い浮かべるであろう少女目線の学園ラブコメ(?)的な作品はほとんど読んでいません。
いくつかは読んだのですが激甘ホワイトチョコを飲み込んだような甘ったるい展開が精神的にキツくてですね(w

出版社の区分で少女向けとされる雑誌に連載されたシリーズには少年漫画には無い名作が多くてざっと思い浮かぶタイトルを列挙するだけでも結構な数になります。

最近買ってるのは「夏目友人帳」位ですが…

SF的な作品では「11人いる! 」「地球(テラ)へ…」「ダークグリーン」などアニメ化された作品が思い浮かびます。

萩尾望都先生は「ポーの一族」も外せません。
佐々木淳子先生は世界観が同じ「ブレーメン5」「那由多」も好きでした。

ファンタジー系の作品も多くて「クリスタル☆ドラゴン(Kindel版)」などは「ドラゴンクエスト」と並べても遜色ありません。
ただ、あしべゆうほ先生はとっても筆が遅くて…これもう30年近くやってる筈ですがいつ終わるのか ^^;
あしべゆうほ先生の作品は「悪魔の花嫁」も有名でコッチは連載を再開しているのかな?
クリスタル☆ドラゴンはケルト神話系ですがギリシャ神話系の「ピグマリオ」も現在のファンタジーRPGに通じるものがあって面白い。
作者の和田慎二先生は「スケバン刑事」が一般人には有名な訳ですが個人的には「超少女明日香」の方が好きでした。

サスペンス(?)系では篠原千絵先生が好きでした。
「闇のパープルアイ」(←アニメ化されてた筈)「海の闇・月の影」「蒼の封印」「天は赤い河のほとり」とかですね。

「美少女戦士セーラームーン」は一時代を築きましたね。
あれだけ売れてちゃんと完結するのは少女マンガの素晴らしさだと思います、少年ジャンプで連載してたら引き伸ばせるだけ引き伸ばしてグダグダになっていたでしょう。

萩岩睦美先生の「銀曜日のおとぎばなし」「悪魔という名の天使」はハートフルなストーリで泣けました。
大島弓子先生の「綿の国星」は嫁の宝物になってます。

ギャグ系も名作が多くて「赤ずきんチャチャ」「ときめきトゥナイト」「きんぎょ注意報」「伊賀のカバ丸」「昭和アホ草紙あかぬけ一番!」「パタリロ」とか、このあたりは軒並みアニメ化されていますね。

学園モノでは「やじきた学園道中記」「八神くんの家庭の事情」「ここはグリーンウッド」が記憶に残ってます。

ココに挙げた作品は男性でも楽しめると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土)

寝正月に読んだ本

新年あけましておめでとうございます。
皆様、年末年始をいかがお過ごしでしょうか?
羊羹、お餅、みかん、煎餅etc を食べつつコタツムリに成り果てています。
ネタもないのでコタツムリになりつつ読んだ本の紹介でも。

 

もう一冊出るので最終巻ではないけど実質的な最終章
ハーフプライサー部が崩壊に至った理由とか変に優遇されている理由とか、全ての謎が明かされ、そして《最強》の枕詞を賭けた戦いの火蓋が切られる
エピローグも付いてるし、これが最終巻でも良いんじゃないかな?って気がする。

 

コッチは本当に最終巻
各々の想いが交錯しつつ大団円
1巻初版から読んでたからコレで終わりだと何か寂しいものが…

 

残念な方向に腐ってるお姫様とやる気のない魔王の掛け合い漫才的なぬる~いお話。
お姫様が腐った理由には共感できる部分もあるけどストーリーのぬるさを補えるほどではないかな。
2が出たら取り合えず読むとは思う。

 

天界のリンゴ(悪魔のリンゴ?)をキーアイテムに幼馴染との関係を再確認するストーリー
ラノベ的なぬるい設定がどうにもだけど基本的なプロットは面白いかも。
想定読者層をもっと引き上げて無理のない登場人物設定のSFならもっと面白かったかな~と思う。

 

世間知らずな高校2年生がヒッチハイクの旅を通して成長する物語。
読む本が尽きて補充にいった書店で何となく目について購入。
内容は薄いけど訴求力があるのは誰もが通る道だからかな。
子供に読ませたい本で「魔女の宅急便」に通じるものがあると思う。

 

文教堂で流れていたアニメ版のデモビデオを見て下ネタの面白さにやられて購入。
とりあえず手に入った5巻まで読んだ。
プロットも設定もしっかりしていてSFとしても大きな破綻がない。
毎巻主軸となるテーマがハッキリしているのもよい。
文体も読みやすくてお勧めできる。

 

名取と的場の過去がひも解かれる特別編がついてますが本編はいつも通りの平常運転。
ヒノエ可愛いよヒノエ
友人帳は進展なしでちょっと肩透かし感があります。

 

。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。

 

フレッシュのコースとスタート時間のすりあわせをしなくては…ですね。
Okumuraさんは富士大回り400Kmのコースで考えていたようです。
私は富士大回りのコースで身延からは南アルプスに向かわず芝川にショートカット
コレだと距離が足りなくなるので沼津から しおかつお の逆周りで伊豆半島西海岸を走って神奈川の鎌倉300のコースで鎌倉を目指し国府津あたりのゴールで考えてます。
伊豆半島西海岸を明るい時間に走れれば最高ですが夜スタートは無理でしょうから難しいですね。
夜の伊豆半島を避ける場合にはどこを回るのが良いのかノーアイディアです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)