カテゴリー「3DCG」の記事

2019年5月23日 (木)

リアルなら良いってものでもないらしい

Yo-Ko画伯の引退宣言で金太郎mkIIのコース概要図を自作する事になりました。
立体地形図が作れないかな?と探してみたら国土地理院が3Dの地形データを配布しているのを発見。
190522p01
これを3DCGソフトに取り込んでレンダリングしたら良い感じになるんじゃないかと…思ったのは良いけどSTLやらVRMLを読み込めるソフトがない。
データ変換ソフトを探してみたらLightWave3Dの最新販ならSTL読めるのね。
折良く(?) LightWave3Dの早期バージョンアップキャンペーンの案内が来ていて、今なら半額でバージョンアップ出来る??
という事でLightWave3Dを【9】から【2019】に更新。
実に13年ぶりのバージョンアップとか草生える wwwww
パッケージ販売がない(紙のマニュアルはなくなったのか?) のに困惑し、ドングルがなくなってたのに衝撃的を受けました。
「Rockコードを引き継がないとプラグインが使えなくなるよん」と言われたけど、私の持ってるプラグインなんてパーティクルストームとクロスシュミレータは本体に組み込まれちゃってるしLWCADはリリースキャンペーンでタダでもらったヤツだから実質使えるプラグインなんて持ってない(w
地形データをLightWave3Dに読み込んで… 使い方がサッパリ分からん (´・ω・`)
いやー、見事に綺麗サッパリ使い方を忘れてます。
テクスチャの貼り方が分からん (・Д・`)
基本的には変わってないけど流石に13年も経つと積み重なった修正で別物になってる部分もあって…サーフェス設定が別物になってる件
190522p02
ドタバタしつつレンダリングしてみたけど、細い赤線のコースラインなんてほとんど見えないし。
地形データ使うよりディフォルメした方が良くない?
リアルなら良いってものじゃないのを悟りました。

| | コメント (0)

2008年7月27日 (日)

trueSapce最新版が無償配布されている件

最新バージョン trueSpace7.6 が無償配付されています。

ちょっ、おまえらもちつけ!
      (AA略)
って感じです。

入手方法の説明ページのアクセス数が普段の100倍超に跳ね上がってます。
いつの間にかtrueSpaceでの検索結果が 約 813,000 件中 2位になってたようで…
なんでこんな中身の無いページがGoogle検索順 2位? (^^;)

この数年、3DCGソフトのホビーユースでの状況は芳しくなく、多くの海外製ソフトが日本語版の提供を打ち切っています。
trueSpaceも2006年で日本語版の提供を打ち切ったソフトの一つです。
日本語版の提供が打ち切られた時点で
・初心者には入手困難
・情報が手に入りにくい
と思って無償配布されている旧バージョンの入手方法だけを載せていました。

これが無償配布となると話は別です。
誰でも簡単に3DCGを試してみるための選択肢が増えます。
ただ、誰にでも簡単に使える類のソフトではないので折角3DCGに興味を持ってくれた人が
なんだこれ イラネッ ( =゚゚)ノ⌒*
にならないように、取り合えず日本語チュートリアルのリンク集が欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)