« GVOLT70 のランタイムを計ってみた | トップページ | micro:bitにRTC(時計)を付けてみた »

2020年3月 1日 (日)

まずLチカよりはじめよ

今更かよ!
って気はしますがLチカ(LEDチカチカ)から始めるのが基本らしいのでやってみた。

 

200301p03 ぶっちゃけ、LEDピカーするのに制御もクソもなくて、電流が流れすぎないようにする抵抗を付けて電源を繋げばピカーします。

 

今回はLEDを3個並べて電源の供給をmicro:bitの出力端子P0,P1,P2から行い信号機っぽくしてみました。

ダウンロード - le38394e382ab3.hex

200301p01

 

ブレッドボード、LED、抵抗はこのキットに入ってたモノを使ってます。
LEDの定格調べてないし抵抗値の計算もしてませんが、キットに入っていたからコレで大丈夫なんだろうと… (´・ω・`)

 

200301p02 コッチはKEYESTUDIOと言うフィカルコンピューティング向けのセンサーシールドやセンサーユニットを販売しているメーカーの《信号機モジュール》です。
青が右側とか何処の国の信号なんだか悩みますが、抵抗とか組み込まれてるので何も考えずに接続すれば使えます。
多分(Arduino向けに)入力5Vで設計されている気がします、本来は同社の《マイクロビットセンサーシールドV2》で使用する事を前提にしているように思いますが… micro:bitに直結でもピカーしました。

 

。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

|

« GVOLT70 のランタイムを計ってみた | トップページ | micro:bitにRTC(時計)を付けてみた »

日記のようなもの」カテゴリの記事

デジモノ」カテゴリの記事

micro:bit」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GVOLT70 のランタイムを計ってみた | トップページ | micro:bitにRTC(時計)を付けてみた »