« micro:bitを照度計にしてみる(その4) | トップページ | まずLチカよりはじめよ »

2020年2月27日 (木)

GVOLT70 のランタイムを計ってみた


ハンドルバーに吊り下げるマウント方法が良さげで買ってしまったGVOLT70
実際に使ってみると…微妙… (´・ω・`)

明るい…っちゃ明るいんだけど、対向車(?)に配慮したらしい上側をカットしたは配光は周りが見えない感がハンパない。
歩行者が突然視界に現れる感が凄いです。
200226p02
micro:bitを計測機代わりにランタイムを計ってみたログではHiモードで7時間。Midモードで9時間40分と言うところでした。
LoモードはウッカリLOGを消してしまって計測失敗、なんか20時間以上…猛烈に時間掛かるし、見た感じあまり明るくない…多分使わないから良いや。
200226p01
micro:bitのADコンバータは10Bitで解像度は1025の筈なのに何故か最高値が800位しか出ないのが変だな~と思っていたのですが、TEMT6000明るさセンサのデータシート見たら入力5V必要なんですね。
micro:bitのエッジコネクタから出てる電源は3V…はい、電圧不足でした。


最初に購入したキットに入ってた、このシールドは5V 電源が引き出せるようになっています。
5Vで試してみると最大値1024が出ました。
ただ、どのみち計測レンジを振り切っていますし照度が落ち始めたら一気に暗くなるのは同じですから再計測はやめておきます。
レンジを振り切らない調整ができるようになったら…あと、アレが手に入ったらもう一回やるかも。

。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。

PVアクセスランキング にほんブログ村

|

« micro:bitを照度計にしてみる(その4) | トップページ | まずLチカよりはじめよ »

デジモノ」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

micro:bit」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« micro:bitを照度計にしてみる(その4) | トップページ | まずLチカよりはじめよ »