« micro:bitを照度計にしてみる(その2) | トップページ | Pythonでmicro:bitを操作してみる »

2020年2月16日 (日)

メガドライブ型 Raspbery Piケース【MEGAPi Case】

micro:bitのファイルシステムが動かない。
サンプル通り(と言うかサンプルをコピペ)してもエラー030で止まってしまう。
ログは諦めて時間計測だけにするかBlockEditorは諦めてMicroPythoneに切り替えるか悩みつつ一休み。

 

で、Raspberry Piです。

 

今買わないと二度と手に入らない気がしたので勢いで買ってしまいまた。
Raspberry Pi 2/3用のメガドライブ型ケース。

 

オジャレ(?)な化粧箱入り。
200216p01

 

割と質感は良いです。
200216p02

 

フタ(?)が開いてmaicroSDとかの小物が入れられます。
本物のメガドライブはこんな所は開きませんので何とも…セガサターン型なら良かったのに…
200216p03

 

コネクタ位置の関係で 初期型RaspberryPi、RaspberryPi4には使えません。
RaspberryPi4は背面のコネクタ口をチョット削れば入りそうな気がしないでもない。
※RaspberryPi4は持ってないので憶測です。

 

何かどう見ても…
<=コレ のガワを流用してるようにしか見えない。
類似品にスーパーファミコン型とX68000型はありました。
ファミコン型とプレステ型がないのは内部空間が小さくてRaspberryPiを入れ込むスペースが確保できなかったのだと推測。
それにつけても、セガサターンミニの欲しさよ (´・ω・`)

 

。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

|

« micro:bitを照度計にしてみる(その2) | トップページ | Pythonでmicro:bitを操作してみる »

デジモノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« micro:bitを照度計にしてみる(その2) | トップページ | Pythonでmicro:bitを操作してみる »