« メガドライブ型 Raspbery Piケース【MEGAPi Case】 | トップページ | micro:bitを照度計にしてみる(その3) »

2020年2月17日 (月)

Pythonでmicro:bitを操作してみる

BlockEditor版のFilesystem(ベータ版)が上手く動かなかったのでMicroPythonを試してみることにしました。
micro:bitはBlockEditorもMicroPythonもオンライン開発環境が用意されていますが…
オフラインの方が何となく好き(?)安心(?)なのでmicro:bitでPython[Muエディター]を参考にMicroPythoneのオフライン開発環境を整えます。
BBC micro:bit MicroPython ドキュメンテーションを見れば大体の使い方はわかります。

Python…教育は受けたんで概要は知っていますが実際に使うのははじめてです。
この辺りのプログラム言語は各々の特徴はあっても極端な違いはないのでJava(JavaScriptではない)とかC++とかをマスターしていればリファレンス見ながらで十分使えると思います。
MicroPythonはぶっちゃければ若干書式が違うだけで難易度はBlockEditorのJavascriptと大差ありません。

なので、まずはBlockEditorで作った照度測定をMicroPythonで書き直してみました。

Block Editorの
(明るさ)に相当するのがmicrobit.display.readlightlevel()
(一時停止ミリ秒)に相当するのがutime.sleep_ms(ms)
LEDの初期化はmicrobit.display.clear()
LEDの点灯はmicrobit.display.set_pixel(x,y,9)
と、これだけ分かっていれば組めるでしょう。

ダウンロード - bright.py

多少 (´・ω・`) 試行錯誤しつつ無事に再現
(明るさ)を3桁の2進化10進数で表示

200217p01

。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。

PVアクセスランキング にほんブログ村

|

« メガドライブ型 Raspbery Piケース【MEGAPi Case】 | トップページ | micro:bitを照度計にしてみる(その3) »

プログラミング」カテゴリの記事

micro:bit」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メガドライブ型 Raspbery Piケース【MEGAPi Case】 | トップページ | micro:bitを照度計にしてみる(その3) »