« micro:bitを照度計にしてみる(その3) | トップページ | GVOLT70 のランタイムを計ってみた »

2020年2月22日 (土)

micro:bitを照度計にしてみる(その4)

一応、計測はできましたが問題点もいくつか出てきました。
micro:bitの固定が難しくてチョット箱を動かすとmicro:bitかLEDライトが転がってしまう。
箱の中がどうなっているのか分からずシュレーディンガーの猫状態 (´・ω・`)
micro:bit本体に明るさを感知する機能があるので本体をセンサーとして使っていましたが、本体と一緒に買ったキットの中に明るさセンサーが付いていましたのでセンサーを箱の中に入れ本体は箱の外に出して計測状況を表示するようにします。

光センサーはCDs使うのが定石のような気がしますが、たまたまキットにオプチカルトランジスタを使ったモジュールがあったのでコレを使います。

TEMT6000光センサーモジュール、1個300~600円位です。
使い方はCDsセンサーと同じですのでCDsを使用した作例を参考にしました。

200222p01

BlockEditorだとサクッと確認できますね。
200222p03

MicroPythonでは参考に出来る作例が見当たらなかったのでリファレンス見て試行錯誤
ファイルが追記できない問題も「追記しないで書き続ければよい」と言う単純な解決策に至り1分間隔で(理論上)最大50時間まで保存できるようになりました。

ダウンロード - brightloger2.py

再度、計測テスト
前回と同条件にするのが望ましいので電池もヘタれたエネループ を使用

前回と同じ傾向で有効なランタイムも大体同じくらい。
うまく動いていると考えてよさそうです。
200222p02

。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。

PVアクセスランキング にほんブログ村

|

« micro:bitを照度計にしてみる(その3) | トップページ | GVOLT70 のランタイムを計ってみた »

日記のようなもの」カテゴリの記事

デジモノ」カテゴリの記事

プログラミング」カテゴリの記事

micro:bit」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« micro:bitを照度計にしてみる(その3) | トップページ | GVOLT70 のランタイムを計ってみた »