« パスワード付きUSBメモリーのロックが解除できなくなった件 | トップページ

2018年8月29日 (水)

なろうリーダー kindle

つい出来心で (´・ω・`)
中古kindleを買ってしまいました。
まぁ2千円位なら良いかな…とか。
購入したkindleの型番はWP63GW
第7世代 kindle って奴で現在販売されている一番安いモデルのようです。

kindle

さて、早速…と思ったのですが…
これがどうにもWiFiに接続できない。
WiFiに接続できないと端末認証ができなくてDRMが解除できずAmazonコンテンツが一切利用できません。

アクセスポイト一覧が出なくて「その他」も「再スキャン」も選べないので
WiFiに接続できない場合”のFAQも何の役にも立ちません。

リセット、再起動、電源ボタン長押しの強制リセット、電源につなげた状態でリセット(某ハンディGPSはこの方法で設定メニューに入れる)などおもいつくかぎりの方法を試してみましたがアクセスポイント一覧が出ません。

WiFI設定

Google先生に聞いてみるとkindleがWiFiに接続できないトラブルは物凄く多いようでWiFi+3G版を推す人が多いです。
まぁ、中古kindleなのでこのトラブルがkindleアルアルなのか個体特有(故障 or 不良品)なのか判別できません。

全く使えずにゴミ箱行きも悔しいのでAmazon認証を経ないでオフラインの書籍リーダーとして使ってみます。
パソコンにUSBで繋げばストレージ(USBメモリー)として認識するので、kindleのdocumentホルダの下に書籍形式ファイルを置けばkindleで読むことができます。
ファイル転送が手間ですが、軽くて持ちやすいので寝転がって読んでも手が疲れませんし目も疲れませんから使ってみる価値はあります。

で、書籍形式ファイルを何処からどうやって手に入れるかですが、簡単なのは“小説家になろう”(通称「なろう」)に掲載されている小説を小説家になろう電子書籍化ツールでkindle形式に変換する事です。

書籍化/アニメ化された作品(「Re:ゼロから始める異世界生活」「異世界食堂」「無職転生 -異世界行ったら本気出す-」etc)のオリジナルが多数ありますのでラノベ読者にはおススメ。

なろう

書籍版は校正が入っている分、なろう掲載版より読みやすいです。
キチンと比べたわけではないので体感ですが下記の3パターンが存在しています。
・なろう掲載版とほぼ同じ。
・なろう掲載版に加筆されてエピソードなどが増えている。
・なろう掲載版とはストーリ展開がちがう。
なので、書籍版を先に読んでて なろう掲載版を読むと「あれ?」な感じがあるかもですが、なろう掲載版を読んで気に入った作品は書籍版で読むと更に楽しめます。

。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

|

« パスワード付きUSBメモリーのロックが解除できなくなった件 | トップページ

モバイル魂」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25792/67110071

この記事へのトラックバック一覧です: なろうリーダー kindle:

« パスワード付きUSBメモリーのロックが解除できなくなった件 | トップページ