« 【電池比較】CATEYE HL-EL540RC【専用電池って凄いの?】 | トップページ | 【箱根】復活の黒たまご【地獄谷じゃないよ】 »

2016年4月29日 (金)

【光を纏い】BRM423 AJ岡山 春光 1200Km【風と戯れ…たくない】

認定タイム 87時間00分で完走しました。

今回のルート
前半は獲得標高的にキツイですが600Km越えて以降は余裕タップリで強制観光ルートが組み込まれた おもてなしコースになってます。
実走ルート

1200Kmはスタート前から始まってます

今回は3箇所のオーバーナイトコントロールが用意されていました。
オーバーナイトコントロールにドロップバックを送っておく事ができるので事前に補給計画を練って荷物を送ります。
レイヤーに失敗or雨でずぶ濡れになった場合の着替え。交換用の電池。予備のタイヤとチューブ。
荷物を送ってしまってからアレを送っとけば、コレも入れておけば…が次々出てきて困りました。

4月22日に移動。行き帰り共に最後部座席がゲットできてラッキーでした。
----

ちょっと早めに着いたのでラーメンを…実家では猛威(?)を振るう八番ラーメンの岡山限定メニューを頂きます。
----

車検会場に到着するもオーガナーザーが時間になっても現われず、20分遅れで受付設営。
----

AJ岡山はスタッフが2名(会長:澤田さんと副会長:山口さん)しかいませんので今回は近隣(?)から応援が入っています。
主力は岡山方面への進出を狙っているAJ近畿だったようです。
AJ神奈川のマヤさんもスタッフ参加されてました。
----

車検を行いますが、海外参加者(出走60名中10数名が外国人でした)に日本のレギュレーションが周知されてないようでベルがない人が目立ちました。
※100均に買いに行ってました。
----

一旦ホテルに戻って寝ます。
フロントに行くと春光1200のゼッケン付けた人が2人自転車組み立ててました。
「本日、自転車をお持ちのお客様が大勢いらっしゃいますが何か大会があるのですか?」と聞かれたので答えておく。
部屋に自転車持ち込めたのは(出発時の面倒がなくて)助かった。
----

翌朝、ゆるびの舎のセミナールームでブリーフィング
場所的にとってもブリーフィングって雰囲気がする。
----

スタート時間を待って順次出発
----

夜明け前の街並みを眺めつつユックリ走行。(先は長いですし)
最初の通過チェック「瀬戸大橋」に到着
----

海岸沿いをゆるゆる走り
----

PC1 牛窓オリーブ園に到着
----

世界で2番目に美味しいソフトクリームを頂きます。
----

長閑なコースをひた走り
----

ランドヌールが大勢停まってる食堂に吸い込まれるように……
----

お昼には若干早い気がしたのですが、折角なので二色カレーを頂きました。
----

溜池が散見されました、天候的な問題化地形的な問題かで水の確保が難しい土地なのかな…とか考えながら走ります。
----

PC2を通過して 道の駅ひらふく で鹿コロッケを頂きます。
----

この後ミスコース、引き返して上り始めたところで雨がポツポツ、濡れたくないので早めに雨装備
ピークを越えて暫く下った 道の駅 若桜で暫く休憩。
PC3に着く頃には雨が上がったのでレインウエアを仕舞います。

PC4 オーバーナイトコントロールに設定されている農家の温室に到着
暖かい豚汁をご馳走になりました。
----

ドロップバックを受け取って着替え。
380Km地点では未だ参加者が固まっていて人が多く寝る場所を確保するのに一苦労。
下に敷くクッションは確保できたけど毛布とかは無かったので取り合えず眠りはしたものの寒くて目が覚めた。
寝られそうに無いので出発。

チェックポイント2に到着。クリームパンと牛乳、お茶漬けを頂く。
----

チェックポイント2でも仮眠ができる。
コッチの方が暖かかったから真っ直ぐコッチに向かったほうが良かったかも。

大山に向かう
----

なんか富士山みたい、アレに上るのかぁ(上りません)
----

絶対的な標高は800m程しかない筈で距離も6Km程しかない筈なのに上っても上っても先が見えない。
と言うか、九十九折じゃなくて一直線の直上りなのがどうかしてる、何かいろいろオカシイだろう。

うんざりした頃にPC3 ミルクの里に到着。
シュークリームとコーヒー牛乳を頂く。
----

前回は素通りしてしまったので今回はしっかりソフトクリームを食べました。
----

中海の海の上を通る道路を走る、気持ち良い。
----

山側はキツイけど海側は眺めも良くて走って楽しいコースになってる。
----

通過チェック4では抹茶を頂く、海外参加者大喜び(?)
----

コースが変な風に遠回りになってる(ショートカットが可能で最短ルートになってない)から何だろう?と思っていたのだけど、現地に来たら分かった。
これ強制的に観光ブルベになってる(w
----

通過チェック5 十六島(超難読地名:うっぷるい)風車公園は激坂の上だった。
----

沈み行く夕日に向かって「澤田のバカヤロウ!!」を叫ぶランドヌールの図
----

海藻汁(十六島海苔だと思う)を頂く。
ものすごく美味しかったので図々しくお代わりを頂く。
地元の婦人会の人かな?「正月やお祭りの時に作る郷土料理」だそうで……後で(マヤさんに)聞いたら、この海苔が数万円はする超高級品だそうで……そりゃ正月とか祭りとか出なければ作らないなと納得する。
----

日が落ちて2度目の夜を迎え、次のオーバーナイトコントロールに向かって走ります。

途中、眠気解消にバス停(最終バスが出た後なのは確認しました)のベンチで仮眠。
再スタートしようとした所で参加者が寄ってきました。
仮眠するのかな?と思ったら(若干あやしい英語で::スエーデン人とかも居たからネイティブじゃないんだろうと思って納得してた)「独りで走ってるんだが、コースに不案内で心配だから一緒に走ってくれ」と頼まれた。
走り出してから「My name is ITO」って「日本人かい!!」
私の事を外国人参加者と誤認したらしい(そう言われれば髭面の外国人が走ってた)

オロチループは夜中の通過だったので全景は見えなかった。
満天の星空で綺麗ではあったのだけど、できれば明るい時間に通りたかったかな。

道路脇の温度計は3℃を表示している。超寒い。
PC7 仮眠場所になっている老人集会所に到着。豚汁とご飯を頂く。
仮眠場所は満杯で横になれる場所がなかった。
若干開いてる隙間にむりくり入り込んで寝る……も、隣の人のイビキが凄くて眠れず。
どうせ眠れないのだからと早々に出発する。

あっ、これ見覚えある。
----

強制観光ブルベコースに組み込まれている上下教会。どういう由来の協会なのかGoogle先生に聞いてもイマイチ分からなかった。
----

PC8 尾道ふれあいの里も激坂の上にある。
コース設計者は「参加者を上らせないと死んでしまう病」に掛かっているに違いない。
----

ジャージを着替えて電池を交換。
パンが配布されており「一人4個だけど、DNSとDNFの人の分もあるかし、余るから好きなだけ食べて良いよ」とのお言葉を頂き調子にのって8個食べたらお腹が苦しくなってしまった。
ココのオーバナイトコントロールには仮眠用の布団が用意されていたので布団に潜り込んで時間ギリギリまで寝る。
要求アベレージが12Km/hに落ちているので時間的にかなり余裕がある。
----

強制観光ブルベコースに組み込まれた竹原地区を回り
----

島巡り
----

途中、ランドヌールが溜まっている食堂で漁師丼を頂く。
----

三日目の日が沈む。
----

日が沈んでしまうと観光もクソもないわな。目の前しか見えん…何処を走っているだかサッパリ分からん。
----

折り返してコンビニで休憩。イートインコーナーに居た参加者に話しかけたら外国人参加者だった (^^;)
つたない英語でなんとかコミュニケーションをとりつつ同行することに……

夜が明ける頃にPC10 尾道ふれあいの里に戻ってきた。ハイジとペーターがお出迎え。
----

取り合えず布団を確保して寝る。
----

気温がグングン上がって暑い。
アームカバーとタイツを脱いで涼しくはなったが、日焼けが凄いことになるそうな予感
----

きじ丸って……トリッピーだろこれ?
----

通過チェック7 吹屋ふるさと村
----

昼食に 田舎蕎麦を頂く。
話を聞いてたら一緒に蕎麦を食べてた人が稲垣さん(AJ会長)だった。
----

何渓谷って言ったっけ?この先はお楽しみポイントだ。
----

…3年ぶり (^^) やっぱこの風景は良いなぁ
----

ゴールまで数キロの地点で4日目の日が沈む。
----

ゆゆびの舎のお風呂に入れる時間にゴールできました。
----

ゴール手続きをして、澤田さんお手製焼肉トーストを頂き、お風呂でサッパリ
----

。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。

ゴール後に澤田さんのお話をうかがいました。
オーバーナイトコントロールやシークレットコントロールの協力を取り付けるのに何度も足をはこんで、準備に2年を要したそうです。
獲得標高の高さと蒜山、大山のキツサに文句が多かったですが全体としてみると後半かなり余裕があって強制観光ブルベってのも面白いコース設定だなと思いました。
終わった瞬間に苦しい記憶が楽しい思い出に変換されるブルベ脳搭載なので、それ程苦しいコースだった気がしません。大山の長い直上りは嫌でしたけど。
コース設定、運営ともにとても参考になる面白いブルベでした。
次回開催は4年後らしいので4年後にまた行きたい……かな。
毎年は費用的に難しいから、次回岡山に行くとしたら2年後の1000Kmでしょうか。

。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

|

« 【電池比較】CATEYE HL-EL540RC【専用電池って凄いの?】 | トップページ | 【箱根】復活の黒たまご【地獄谷じゃないよ】 »

ブルベ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25792/63556064

この記事へのトラックバック一覧です: 【光を纏い】BRM423 AJ岡山 春光 1200Km【風と戯れ…たくない】:

« 【電池比較】CATEYE HL-EL540RC【専用電池って凄いの?】 | トップページ | 【箱根】復活の黒たまご【地獄谷じゃないよ】 »