« 【カッター】今月のお買い物【ウィンブレ】 | トップページ | 【裏ヤビツ】オギノパン【復旧記念】 »

2013年8月29日 (木)

【完走】SR600Fuji【初めての機材トラブル】

今年から日本でも始まった山岳600Kmの常設コースを走るSR600シリーズ
オダックス埼玉が主催しているSR600Fujiを走ってきました。

実走ルート
実走ルート

スタート地点からがブルベです
SR600は獲得標高10000m超の山岳ブルベなので制限時間が通常の600Kmブルベより緩和されてSR600Fujiでは52時間に設定されています。
スタート時刻は任意に設定できる(但し変更は一週間以上前に申請が必要)ので走行計画によっても難易度が変わります。

ザックリ前半300Kmと後半300Kmに分けて考え、それぞれ最悪24時間の合計48時間、残り4時間と前半のマージンを睡眠に充てる計画で行きました。
ホテルのチェックイン時刻(温泉に入れる時刻)、夜間では写真撮影が困難と思われる めがね橋/麦草峠の通過時刻、明るい間に走りたい渋峠の通過時刻を勘案してスタート時刻を22:00に設定しました。

【SR600Fuji】
高尾駅まで輪行
ボトルや補給食の準備を整えて駅前でスタート時刻を待ちます。
22:00ジャストに入場券を購入してスタート
高尾駅

名栗の辺りまでは信号が多くストップ&ゴーの繰り返し、先は長いのでゆっくり進行します。
小沢峠を上り始める頃から雨がパラついて来ましたが気になるほどの雨ではないし上りで暑くなるのが目に見えているのでレインウエアは出さずに行きます。

PC1 山伏峠(25.7km地点) 時刻は 00:46
写真を撮り始めた所でパトカーがやってきました。
初めての職質かと思いきや「峠に来た記念撮影です」と答えると「お気を付けて」でスルーされました。
山伏峠

山伏峠を下りR299に入る頃には雨は上がっていました。
五料までは下り基調…と思いきや以外にアップダウンがありました。
アタック白馬のPCになっていたファミマ松井田妙義インター店でカップヌードルの朝食を食べて休憩。
リスタートする頃には空が白み始めていました。

PC2 めがね橋(133.5km地点) 時刻は 05:45
めがね橋

碓氷峠を目指して上っている途中で猿に遭遇。
道端に4~5匹、壁面側に2匹
写真を撮ろうとしたのですが逃げられてしまいました。

家族で旅行に来ているが折角だから走っていると言うLOOKの人に追いつかれSR600の説明をしながら登ります。

碓氷峠に到着、記念撮影をするのでLOOKの人とはココでお別れ。
碓氷峠

軽井沢を過ぎてから峰の茶屋まで辺りは小雨がぱらつく天気でしたが幸い樹木が天然の雨避けになっていて殆ど濡れずに進むことができました。

大津を過ぎると渋峠に向かって登りが始まります。
渋峠に向かって

「塩素ガス濃度が高まりました、生命に危険がありますので直ちに退去してください。」アナウンスが流れる横を登ります。
ってか、このアナウンスって常に流れてるんじゃね?
塩素ガス注意

大きくうねった九十九折が何処までも続いて終わりが全く見えません。
流石は国道最高地点、半端ないな。
どこまでも上り

延々続く登りはお腹いっぱいですが眼前に広がるステキ風景と引き換えなら良いかな?って気がしてきます。
メルヘン街道は何がメルヘンなのか意味不明でしたがロマンチック街道は名前通りな気がします。
ステキ風景

11:21 200km地点を通過
ギリギリ15Km/hを上回っています。

12:05 白根山に到着
白根山

お昼だし折角なので白根山のレストハウスで昼食を頂きました。
デザートに食べた くま笹ソフトは…いや確かに くま笹なんだけど何の捻りもないというか笹っぽいエグ味がそのまんまでした。
くま笹ソフト

白根山を過ぎると道は一旦下り、直ぐにまた上りが始まります。
いや本当にコレどこまで続いてるんだよ (´・ω・`)
最後?の登り

PC3 国道最高地点(208.1km地点) 時刻は 13:02
バイクや車の人が多く結構混んで(?)ましたが「写真撮りたいんで」で容赦なく石碑の前を空けてもらい写真撮影。
国道最高地点

PC4の道の駅まではひたすら下り
涼やかだった高原の風が下るにつれて熱風に変わり、汗でずぶ濡れだったジャージがカラッカラに乾くなが~い下りでした。
下りで飛ばしてもあんまり良いことは無いので抑え気味に走りますが、それでもかなりペースが上がり一気に距離が稼げます。

PC4 道の駅 北信州やまのうち(234.9km地点) 時刻は 13:50
道の駅

折角なので りんご100%ソーダと揚げまんじゅうを頂きます。
りんご100%ジュースの独特の味とソーダが入り混じって…一度飲めばお腹いっぱいです。
リンゴソーダと揚げまんじゅう

気温が上がってムッとする空気の中を菅平高原に向かって上ります。
ココの上りはユルユル上りとドッカン上りが交互に現れる結構いやらしい感じでした。
脚なんてとっくに終わっているのでドッカン上りは「カタツムリの方がまだしも俊敏だ」(by 岬越寺秋雨)状態でノロノロ進みます。

途中、ドッカン上りで片側相互通行の工事区間があって難儀しました。
なにせノロノロとしか上れませんから交通整理のオジサンに「こりゃ遅いわ」とか言われる始末… orz

PC5 菅平高原(269.8km地点) 時刻は 17:19
菅平高原

日が暮れ始め辺りが薄暗くなってきました。
菅平高原を下ってキューシート59番の住吉交差点(292.3Km地点)の横、ホテル上田西洋旅籠館で休憩です。
18:00にチェクイン
ホテル

自転車は二階のホール前(階段の手すり)に立てかけて置けます。
コースの直ぐ脇だし料金も手ごろですから「私みたいな恰好の自転車の人」の利用は結構あるそうで「昨日は3人」宿泊されたそうです。
先に送付しておいた荷物をフロントで受け取り部屋に入り着替え&電池交換。
隣接する温泉に入ってくつろぎます。
思いのほか体が冷えていたようで湯船につかっても中々体があたたまりません、30分くらい湯船につかってようやく温まって来ました。
猛烈におなかが減っていたので食堂で夕飯と部屋に戻って補給食の残りを食べつくして眠りに着きました。

0:00まで寝る予定でしたが目が覚めてしまったので23:00に出発。

PC6 信濃国分寺(295.5km地点) 時刻は 23:24
国分寺

写真を撮るのに苦労するかと思ったのですが、街灯の明かりなどで割りと明るく思ったより綺麗に撮れました。
PC6までの間にファミレス等が幾つもありましたので食事には苦労しなさそうです。
計画通り、安心の すき家で食事をとり隣のセブンイレブンでボトルと食料を補給して美ヶ原に向かいます。

美ヶ原にむかう道筋にはステキなバス停が点在しています。
ステキバス亭

ブルベ中にホテルで寝たのは今回が初めてなのですが、ベットで寝る威力は凄いですね。
健康ランドの仮眠室などより遥かに疲れがとれます。

予定では上っている間に夜が明けて明るくなっている筈だったのですが、思いのほかペースが速かったようです。
PC7 美ヶ原高原美術館(332.5km地点) 時刻は 03:50
美ヶ原高原

気温は8℃…寒い…
道の駅でホットコーヒーを飲んで休憩。
ボトルに水を補給しますが、500mlのペットボトルが180円ってボリ過ぎだろう。

美ヶ原を過ぎると下り基調…にはならずアップダウンが続きます。

道路脇の藪の中には鹿がたくさんいるようでガサガサ、パキパキ動物の気配が絶えずしています。
鳴き声も聞こえるのですが姿が見えたのは一度だけでした。

夜が明けてきました、暑い一日になりそうです。
夜明け

周囲が明るくなってくるとステキ風景が見えてきます。
遠くに見える雲海、雲海の下に見えるのは白樺湖(のはず)
白樺湖

なんだか猛烈にお腹が減るので飴をなめて凌ぎます。
口をついて出るのか「疲れた」ではなく「腹へった」だというかなりマズイ状態。
塩飴やスポーツキャンディーなど数種類を持っていたのですが、岡山ブルベでオヤツに貰った氷砂糖が一番役に立った(←物持ち良過ぎにも程がある)

霧ヶ峰高原でオニギリを食べて休憩。
もうちょっと遅い時間なら絞りたて牛乳の店が開いているのだろうけど当然のように何処も開いてません。
霧ヶ峰

上っている間、ペダルに違和感があったのでペダルが緩んでいるのかと思ったらクランクにガタが出てました。
マズイ…去年と同じ感じ、BB破損&クランクシャフト変形でクランクセットが逝ったかも。
とりあえず直ちに支障が出る訳ではないので見なかったことにして先に進みます。

遠くに富士山のシルエットが見えます。
山中湖に付く頃には暗くなっている筈なのでSR600Fujiでありながら今回見える富士山はココだけかも。
富士山

7:15 ローソン白樺湖蓼科店 でラーメン&オニギリの朝食
このローソンは24時間営業ではないようで、もうチョット早い時間だと開いてなかったようです。

すてき展望を楽しみながら先に進みます。
女の神展望台の手前のロッジみたいな所に自販機がある…と聞いていたのですが見つけられませんでした。

PC8 女の神展望台(378.4km地点) 時刻は 08:26
女の神展望台

最後の山場、麦草峠に向かいます。

麦草峠はコッチ側からだと それほどキツくないと聞いていたのですが…
いきなり結構な上りに迎えられます。
蓼科へ

全体的には九十九折で高度を稼いで次のカーブまでは緩やかな感じでしょうか。
確かに甲府側から上るよりは楽な気がします。

メルヘン街道も道路脇には鹿が沢山いるようで気配がします。
ふと気付くと小鹿がじ~っとコチラを伺っていました。
写真を撮ろうとカメラを出したところで逃げられていまい撮影は出来ませんでした。

麦草峠まであと2Kmくらい…と言うところでシフターが動かなくなりました。
2速で走っていると突如3速に落ちるようになり、アレ?っと思っているうちに4速以上に落とせなくなりました。
あ~、これは…と思ってみてみるとシフトワイヤーが切れ掛かってます。
予備のワイヤーは持っているので交換を試みますが…タイコが外れない… orz
これはメーカー送りかも。
真っ先に考えたのは「次のブルベ(八ヶ岳400Kmまでに修理が間に合わなかったら)どうしよう、クロスバイクでメルヘン街道登れるかな?」って事でした(w

ワイヤーは未だ切れていないけどこのまま使い続ければ切れるのは確実だし切れてしまったら面倒なことになるのでインディックスをずらして2速が使えるように調整。
かなり怪しげな状態ながらインナー2速/アウター2速の2段変速が使えるようになり「小野田君のママチャリかよ!」と思いつつリスタート
最後の山場である麦草峠を越えた(越える直前の)地点だったのは不幸中の幸いでした。

PC9 メルヘン街道最高地点(400.5km地点) 時刻は 11:05
麦草峠

メルヘン街道を豪快に下り、その後の登り返しは暑いし自販機無いしで結構キツかった。

線路沿いに左折しなければならない所を道なりに進んでしまって目的地に行き当たらずウロウロしながら進み
PC10 JR最高地点(436.9km地点) 時刻は 13:18
JR最高地点

JR最高地点を出ると長い下りで順調に進みます。
この辺りの事はあまり記憶に残ってないのですが ^^;
レシートを見ると途中で冷やし中華とオニギリ2個を食べてます。
そう言われれば麺がほぐれなくて困った記憶はある。

PC11 芦川駅(489.7km地点) 時刻は 15:53
ちょうど電車が通過する所だったのですがカメラの準備が間に合わず、電車をバックに…は失敗。
芦川駅

ここから最後の上り、河口湖を目指して進みます。
この区間が今回のルートでは一番厳しかった。
リア2速固定で下り/平坦ではスピードが乗らず、上りは微妙に苦しい。
脚は売り切れを通り越して閉店売り尽くし状態で痛みが出て全く踏めない。
ケイデンスを上げないとスピードが出ない、100回して23Km/hくらいなのでグルングルン回すしかなく疲労が加速したのだと思う。
ちょっと止まって休むと一瞬回復するのだけど走り始めると数分でまた痛み始めるのを繰り返してました。
断続的に小休止を繰り返しながらユックリ進みます。
ノロノロとしか進めませんが若彦トンネル到着は20:18で計算していましたから充分に余裕はあると思ってました。
綿密(?)な事前計画が無ければ大人の判断()w をしていたかも。

18:36 若彦トンネル(511.8km地点)

若彦トンネルを越えて河口湖に下ります。
河口湖をぐるっと回って富士駅を過ぎたところ
R137~R139の間の赤富士通りで まさかのお祭り峠
まさかの祭り峠

交通整理の警官に聞いたら「自転車を押して進む分には問題ない、祭りは1Kmくらい続いている」って事で、アチコチから良いにおいがするお祭りの中を歩いて通過。
暫く歩いたお陰で脚の痛みが幾分治まったのはラッキーだったかも。

PC12 山中湖(532.9km地点) 時刻は 20:35
山中湖

後は道志道を下るだけ…と思っているとポツポツと雨が…
山伏トンネルの先は降ってない事を期待して気圧計を睨みながら進みますが期待に反して気圧はどんどん下がってきます。
あ~コレは降ってるな。

道志道の下りは普通なら勢いに乗せて一気に下れるのですが2速しか使えない状態では緩い上り返しでの失速を補うことが出来ず(自力で出せるのは23Km/hくらいなので)思ったようには距離が稼げません。
夜の道志道は始めての経験でしたが、暗い中を走ると雰囲気が全く違ってどの辺りを走っているのか把握するのが困難でした。
それでも割りと順調に進んでいたのですが久保のつり橋の手前くらいで雨が本降りになってきました。
雨の当たらない木立の下でレインウエアに着替えてリスタート

道志道を下りきり
23:37 青山(588.2km地点)
計画では0:27で計算していましたから未だ1時間近い余裕があります。

何時もは渋滞している津久井湖周辺もガラガラで走りやすかったのは幸いでした。
脚は痛んで全く踏めなくなっていましたから軽く回して進めるスピードでノロノロ走ります。
川尻から大豆戸までが遠く感じました。

お腹が減ったので土砂降りの雨の中、おにぎりを齧りながら最後の一走り。

00:51 高尾(603.3km地点)
高尾駅に向かいましたが終電も出た後で入場券は購入できず。
交差点まで戻ってローソンでチキンラーメンを購入。

Finish

ATLAS ASG-15の意見では
 距離:605.8Km (登り:218.8Km 下り:221.1Km 平坦:165.6Km)
 上昇累計:10476m (平均:3.9% 最大:18.9%)
 時間:51時間05分
 平均速度:11.85Km/h
 走行時間:38時間51分 (登り:22時間53分 下り:7時間05分 平坦:8時間51分)
 走行速度:15.58Km/h (登り:9.56Km/h 下り:31.15Km/h 平坦:18.7Km/h)
 CAD 平均:61rpm
 消費カロリー:25236Kcal

。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。

お家に着くまでがブルベです。

23時迄にたどり着ければ輪行で帰れる淡い期待を抱いていたのですが、計画通り終電は出た後。
雨は降り続き…と言うかゲリラ豪雨だったみたいですね…体が冷えて寒い。
晴れてさえいればどうにでもなるのですが雨ではいかんともしがたい。

取りあえずチキンラーメン・キングサイズを食べながらどうやって帰ったものか考えます。

自走で帰ることにしましたが普段なら2時間あれば帰れる道のりですが今の状態では3時間掛かりそう。
町田街道を進んでいるはずなのに何故か案内標識は「立川・新宿」…間違えた orz
3Kmあまりミスコース、町田街道に復帰するショートカットを探すも見つからず諦めてきた道を引きかえします。

橋本五差路の先、陸橋手前は川になってました。
水がたまっているのは見てわかったのですが、水深が思いのほか深く(20cm位?BBが水没しそうになった)「なんじゃこりゃ?」状態。
「バシャ」とが「ザバァ」とかじゃなくて「ザブ~ン」って効果音の感じでトラックに水しぶき(?)をぶっかけられずぶ濡れです。
凍えながらR16をひた走りようやく家にたどり着いたのは4時過ぎでした。

今回の走行距離
□Bontrager NODE 1.1の意見では
 走行時間:39時間15分
 走行距離:646.1Km
 平均速度:16.4Km/h
 CAD 平均:59rpm
 消費カロリー:19988Kcal

。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

|

« 【カッター】今月のお買い物【ウィンブレ】 | トップページ | 【裏ヤビツ】オギノパン【復旧記念】 »

ブルベ」カテゴリの記事

コメント

完走お疲れ様でした。
河口湖近くまで帰ってきているのなら『大人の判断』はなしでしょう(^v^)
日差しや景色がうらやましいですが、最後は雨たいへんでしたね。
ホント最近はお天気不安定で困ります。

愛車は八ヶ岳400までには修理終わり……ますよね?(^_^;)

投稿: けーこ | 2013年8月30日 (金) 17時08分

クランクのガタはロックボルトが緩んでいたせいでクランクシャフトには問題ありませんでした。
BBは若干変な感じはするのですが支障は無さそうです。
シフターはメーカー送りにはならず何とかタイコが取れました。
バーテープを新しいのに巻き変えて復活しています。

投稿: | 2013年8月31日 (土) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25792/58087350

この記事へのトラックバック一覧です: 【完走】SR600Fuji【初めての機材トラブル】:

« 【カッター】今月のお買い物【ウィンブレ】 | トップページ | 【裏ヤビツ】オギノパン【復旧記念】 »