« 【本当の目的は】山中湖【道の駅 道志】 | トップページ | 【完走するも】BRM518 AJ西東京 富士 300Km【膝痛再発】 »

2013年5月15日 (水)

BRM511 A埼玉 アタック白馬 600Km

認定タイム 37時間47分で無事(?)完走しました。

今回のルート
実走ルート
実走ルート

スタート地点からがブルベです

豊水橋まで50Km自走…はキツイので東飯能で前泊
前泊するなら早い組でスタートして早く帰ってきた方が輪行が楽で良いよね…って作戦で6時スタート組にエントリーしていました。
4時にチェックアウトし すき家でユックリ朝食、コンビニでドリンクと補給食を調達して豊水橋に向かいます。

2013 BRM511 アタック白馬 600Km

受付

サクサクと受付を済ませてブリーフィング
6時スタート組だから少ないのか天気が良くないからなのか人数少なめな感じです。
ブリーフィング

Y沢さんのコースと聞いて (^^;) 嫌な予感がして来ました…
下りをかなり遅いペース(20~22Km/h)で見積もってきたのですが「路面が荒れてて下りでスピードが出せない、厳しいコースです」との事で計画通りに走れれば上出来かな…と言う気が…

START~PC1~碓氷峠

6:00 スタート
スタートの写真を撮り忘れました。
人数少なめだからかノンビリしたスタートでスタート直後からバラケていて繋がることはほとんどありませんでした。
ただ、平坦基調だからか視界の隅には参加者が見えている状態で独り旅になる事も少なかったです。

安中市を通過
安中

この辺りはいつもの風景
安中

PC1(95.7km地点) レシートの時刻は 10:15
アイスクリームを齧りながら出発
PC1

♪自転車こいで ひたすら走る~ 【ニコニコ動画】初音ミクオリジナル曲 「R-18」で走ってみたいと思っていた国道18号、まぁ…満足です。
R-18

雨はポチポチで雨具が必要な程ではないので先を急ぎます。

10:29 ちょっと早いですが、お昼はココに決めていました。
峠の釜飯 おぎのや
おぎのや
売り場
釜飯

折角なので…最近のチビのお気に入り、銀魂の根付を購入
土産

雨はポツポツ程度だったのでシューズカバーだけ装備して出発

実は映画は見た事が無いのですが(w
「母さん、覚えていますか あの麦藁帽子を~」の人間の証明のテーマソングは好きでした。
碓氷-霧積

信越本線 碓氷峠の廃線区間は遊歩道になっているのですね。
廃線

碓氷峠と言えばこの風景
めがね橋

碓氷峠に到着 11:58
距離は長いですが予想とおり傾斜は緩くて結構速いペースで登りきる事が出来ました。
碓氷峠

シトシトになってきた雨に備えてレインウエアを装備して下ります。

~PC3

道は千曲川沿いに進みいい雰囲気です、雨が降っていなければ最高だったのですが…
千曲川

PC2(177.9km地点) レシートの時刻は 14:49
あんまんとコーヒーで休憩
PC2

犀川を渡った所で右折の筈がGPSの指示は左折…まずいキューシートV4の変更が反映されてない…
慌ててPC4~通過チェックの区間の登録状態を確認したがキューシートV3にはなっているようで大きな問題は無く一安心。
犀川

工事区間に敷いてある鉄板が雨に濡れて滑りやすく、参加者の一人が後続に注意喚起をしていました。
同行者がコケてクリートが壊れたらしく「シマノなら予備がありますよ」と申し出ましたがタイムだそうでお役に立てませんでした。

白馬町に突入…ですが、ココからPC3までは気分がダウナーに…
白馬町

スピードを上げようとトラクションを掛けたら後輪がズリッといってコケました。
後続のトラックが止まってくれたから「痛てて」で済んて多分にラッキーでしたが一歩間違えば…です。
雨の日の滑り易さを舐めてました。
自転車には損害はありませんでしたがコケた時に無意識に手をついたようでグローブの手のひら部分に穴が開いてました、グローブがなければ手の平に穴が開いていたでしょう。
モンベルのレインパンツの右膝、BBBのレインシューズカバーの右くるぶしにも穴が開いておりウェアは結構な損害です、怪我が無かったのでコレくらいは安いもんですけど。
今回はこの程度で済んで本当に運が良かった箱根神社のお守りが効いたのかもしれません、2度目は無いかもしれませんので気を引き締めなおしてリスタート。

下りでは荒れた路面でスピードが出せない上にリクセン&カウルのアダプタの具合が悪く振動でロックが外れてフロントバックが脱落するトラブルが2度起きました。
ロックが不完全にしか掛からないのは認識していたのですが別段問題は起きなかったので放置していました。
雨に濡れて不完全なロックが外れやすくなってしまったようです。

土地勘が無いので何岳が見えているのか判然としませんが北アルプス山脈(の筈)
雨さえ降っていなければコレもステキな風景なのにと思うとちょっと残念
北アルプス(?)

PC3(221.0km地点) レシートの時刻は 18:02
コンビニはランドヌールで大混雑
チキン南蛮弁当と赤いキツネで夕食をとります。
PC3

カッターを購入してリクセン&カウルのアダプタを少し削ってロックが完全に掛かるように修正
これでフロントバックの脱落を心配せずに走れます。

~PC4

コンビニ休憩と下りで体が冷え寒くてガタガタ震えてきたので白馬駅前のコインランドリーで濡れた服を乾燥しました。
アンダーとジャージは着替えを持ってきていますが12日の最高気温が20℃越えって事でアームカバーとレッグカバーの替えは持ってきていません。
※仮眠後にUVカバーに着替えるつもりだったので。
アンダーとジャージを新しい物に着替え、濡れたアンダーとジャージ、グローブ、アームカバーを乾燥機に放り込みます。
レーパンとレッグカバーも乾燥したかったのですが着替える場所が無いので下は諦めました。
コインランドリー

衣類の乾燥に30分を使って出発
リフレッシュ出来てかなり楽になった気分で戸隠の登りに突入

途中、先行していた(コンビニで一緒だった)グループの一人がパンク修理(?)しているらしき所で酔っ払ったオジサンがなにやら喚いている場面に遭遇。
「無断で俺の家の前を通過するとはケシカラン!主催者は誰だ!」みたいな事を喚いているので何かトラブルかと思って止まって聞いてみたら
ディレーラーの故障で動けなくなった所で近所の人が民宿を手配してくれて、ついでに説教をくらっているのだと (^^;)
酔っ払っていたみたいだけど民宿の手配とかしてくれた良い人でトラブルでは無いようなので止まっている参加者に挨拶して先に進みます。

戸隠蕎麦の店が営業していて客も入っているのが通りから見えますがコッチは雨でずぶ濡れでとてもお店に入れる雰囲気ではありません。
雨さえ降っていなければ…
キツイ登りが続き次のポイントまでの距離を睨みながら走りますが、ありえない激坂が次々に現れゲッソリします。
山を3個越える区間ですが路面状態が悪く穴凹に突っ込む恐れがあるので下りもユルユルとしか進めません、雨の夜でただでさえ視界が悪いのにガスも出てきて「前が見えませ~ん」状態です。
ブレーキシューがガンガン減っているようで効きが甘くなってきたのでトリム調整しながら下ります。

戸隠 小鳥ヶ池の脇がピークの筈ですがバスの待合所と自販機がある他はコレといった目印は無く(まるで箱根峠のような)ガッカリなピークに到着したのが21:22

山を下って最初に見えたセブンイレブンで停車、隣に大き目の公衆トイレがあったのでウェアを全部着替えました。
気温が12℃と高かったのでUVカバーでも問題ないだろと…
レインウエアを仕舞いウィンドブレカーを出したところで…ずぶ濡れやん orz
バックに浸水して濡れてしまったようです、コレでは使えません。
流石に夏装備で下りは辛いので(ちょっとモッタイナイ気はしましたが)レインコートを購入して寒さをしのぎます。

PC4(316.4km地点) レシートの時刻は 01:18
写真は撮り忘れました。
予定より1時間近く遅れていてクローズまでのマージンが2時間ありません。
プランAではPC4から5Km地点の健康ランドで仮眠予定でしたが時間的に厳しいのでブランB(長野の健康村で仮眠)に切り替えてこのまま進むことにします。
長野の健康村の方がコースから近いのと路面状態が予想以上に悪くて下りで時間を稼げないため山を越えてみないと猶予時間が計りにくい事もあったので。

~PC6
真っ暗な山間部を走っていると雨が上がりの綺麗な星空が見えました。
灯りの無い山中で暫しライトを消して星空を眺めます…
「星空が綺麗だ、この風景は見る価値がある」…とでも思わないとやってられません(w

山を下ると夜が明けました。
夜明け

再び千曲川沿いを走ります。
千曲川

完全に雨が上がり日が昇ってきた所でレインコートを脱ぎチェーンにオイルを注します。

長野県が整備を進めていると言うサイクリングロードに入ります。
凄く走りやすいサイクリングロード(風が吹いたら辛そうなロケーションではあります)が数十キロ続いています。
CR

プランBの仮眠予定場所に到着、5:30~8:30まで3時間寝る予定でしたが到着したのが7:00で余裕が1時間30分しかありません。
今のところ眠気はありませんし、晴の日の昼間なら昼寝をしていても不審な感じはしないでしょうし、ベンチで30分ウトウトすれば充分回復できると判断してこのまま進みます。

長野五輪でおなじみのアノ建物やコノ建物が見えます。
長野五輪
長野五輪

通過チェック(408.4km地点) レシートの時刻は 07:43
写真を撮ることは完全に失念してました。
600Kmブルベで人数もそんなに多くなくて夜を越えてかなりばらけている筈なのにPCに付くと誰かがいるのは何故なのか不思議に思います。
RNC7率が異様に高くて(w 並んで駐輪していた3台がRNC7、もう一台もカーボンのANCHOR、ANCHOR率高い。

オニギリを食べて出発
前日の雨が嘘のような晴天、青空に突き抜けるように伸びるコースがとても気持ちよい(とでも思ってないとやってられない)
----林道

「ピョコンと突き出たココの登りがキッツイんですよ」とスタート前に雑談していた人から聞いていたのですが、まぁ獲得標高で200m位だし大したこと無いだろうと思っていたのですが…メッチャきつい(´Д`;)
クリート位置に何か違和感を感じ始め、直ったはずの悪い癖(ペダリング時に踵がぶれる)が再発して膝にも違和感が出始めたのでクリート位置を調整しながら登ります。

PC5(470.5km地点) レシートの時刻は 11:32
アイスクリームをかじって休憩
最後の山越えに備えてドリンクをめいいっぱい補充して出発

このあたり十国峠とか走りなれている人にはお馴染みなのかな?
古谷大橋

落石があったりして決して良い道では無いのですが、上越のアレに比べれば遥かに綺麗な舗装状態で気持ちよく走れます。
大上林道

大上峠に到着。
この先もう一箇所小さい登りが有ったはずですが大きなのぼりはコレが最後あとは下りと平坦だけです。
大上峠

13:55 道の駅 オアシスなんもくに到着
道の駅
ちょっと遅いお昼ご飯に とら釜パンを頂きます。
ちょうど焼き立てを並べている所で焼きたてホカホカを頂きました。
ホワッとした素朴な味わいで美味しゅうございました。
とら釜パン

同じく、とら釜パンを食べていた参加者の人に次の道の駅にある 桃太郎ごはんの話をして出発。
コースプロフィールで最後に棘のようにピョコンと突き出した登りを越えれば今回の登りは全て終了です。
…以外にキツソウな登りで(´Д`;)になってしましましたが距離は短いのでどうと言うこともありません。
----

15:26 道の駅 甘楽に到着
道の駅 オアシスなんもくで「次の道の駅」と言ってしまいましたが「次の次の道の駅」でした。
名前もうろ覚えだったので混乱させたかもしれません、悪い事したな…
道の駅 甘楽(かんら)にはバイクラックがありました。
道の駅

今日走っている誰かのブログに立ち寄り予定でチェックされていた 桃太郎ごはん を頂きます。
食堂には 桃太郎ごはん定食もありましたが とら釜パンを食べたばかりでお腹もあんまり減ってないのでパックを購入。
ついでに 田舎うどんも頂きました。
桃太郎ごはん は きびと雉肉を使った炊き込みご飯だそうです。
きびのプチプチ感が~ とか食べログには書かれていましたが違いの分からない私には「何かもふもふしていて美味しい、リピートしても良い美味さだな」位の感じで雉肉がどうこうは良く分からんです。
田舎うどんは素朴な味わいでしたが…最近のコンビニのざるソバについてるような ほぐし水が欲しかったですね、と言うかコレは食堂で食べたほうが良かったな。
桃太郎ごはん
田舎うどん

観光(?)も終わったところで最後のPCに向かいます。
時間的には充分余裕で時計を気にするペースではありません。

PC6(548.4km地点) レシートの時刻は 16:41
ガリガリ君をかじってドリンクを補給してゴールに向かいます。

後60Kmたらずなのに膝の違和感がいよいよ酷くなってきました。
昨年の経験から、コレはサドル位置に問題があるのが原因だと思い尻の位置をずらして膝の感触を見ながら走ります。
3mm位サドルを後ろにずらせば膝が綺麗に回る感じだったのでサドル位置を変更
…ワロタ…サドルをずらしたら痛みも出ないしメチャクチャ足が回る、最後の最後で復活(w 怒涛の勢いでガンガン進みます。

Finish

受付時刻は 19:47
暖かいスープを頂き先にゴールしていた参加者やスタッフと暫し雑談。
ゴール

下りで稼げないのと予想より登りのペースが遅かった為に貯金が作れず…
コインランドリーでウェアの乾燥に時間を使ってしまったのも敗因かも。
兎に角、仮眠時間が取れなかったのは痛かった。
※後日追記:ログを確認したら長野手前のコンビニでのウェアの着替えに1時間を費やしてました。
※着替えに拘らなければ仮眠時間がとれたのだと思います。
逆説的に仮眠無しで600Km走れてしまって400Kmがひとつの限界だと思っていたけど意外と37時間戦えるもんだなと感じました。

ATLAS ASG-15の意見では
 距離:608.0Km (登り:148.6Km 下り:153.0Km 平坦:306.4Km)
 上昇累計:6457m (平均:2.7% 最大:19.9%)
 時間:37時間54分
 平均速度:16.04Km/h
 走行時間:31時間30分 (登り:11時間12分 下り:5時間47分 平坦:14時間30分)
 走行速度:19.29Km/h (登り:13.25Km/h 下り:26.43Km/h 平坦:22.11Km/h)
 CAD 平均:68rpm
 消費カロリー:24267Kcal

。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。

お家に着くまでがブルベです。

終電まで時間は充分にありましたがグダグダしていると眠くなりそうだったので体力が(と言うか気力が)残っている内に早々に撤収
東飯能から輪行します。

自転車を輪行バックに詰めているとロードバイクに興味のありそうなオジサンに話しかけられ「全体としては結構な値段になりますけど、コレ(ディレーラー)だけならそんな極端に高くは無いですよ」なんて事を話しながらパッケージ
家に帰って生乾きのウェアだけは処置して布団に倒れこみました。
翌日は仕事だ…

□Bontrager NODE 1.1の意見では
 走行時間:29時間30分
 走行距離:616.0Km
 平均速度:20.7Km/h
 CAD 平均:69rpm
 消費カロリー:18976Kcal

。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ にほんブログ村 自転車ブログ ブルベへ にほんブログ村 自転車ブログ 自転車用品へ
にほんブログ村

|

« 【本当の目的は】山中湖【道の駅 道志】 | トップページ | 【完走するも】BRM518 AJ西東京 富士 300Km【膝痛再発】 »

ブルベ」カテゴリの記事

コメント

チャーハンさんでもコケることがあるんですね。
大事なかったようですが、後ろのトラックが止まってくれて本当によかったですね。

敗れたモンベルのレインウェアはモンベルのお店に持ち込むか取扱のあるアウトドアショップ経由で出せば修理してもらえますよ(経験者は語る)(^^ゞ

投稿: けーこ | 2013年5月17日 (金) 16時25分

モンベルはAmazonで購入したので実店舗の心当たりがありません。
修理に出す…ってのは全く思いつかず、傘の修理キットを使って補修してしまいました(^_^;)

投稿: チャーハン | 2013年5月18日 (土) 07時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25792/57387773

この記事へのトラックバック一覧です: BRM511 A埼玉 アタック白馬 600Km:

« 【本当の目的は】山中湖【道の駅 道志】 | トップページ | 【完走するも】BRM518 AJ西東京 富士 300Km【膝痛再発】 »