« シマノ青クリート導入 | トップページ | BRM916 AJ神奈川 八ヶ岳 400Km »

2012年9月10日 (月)

BRM908 AJ千葉 喜多方 600Km

35時間21分で無事完走しました。

今回の実走ルート
実走ルート
実走ルート

スタート地点からがブルベです

0時スタートの600Kmなら輪行で行けるしゴールはお昼過ぎ位だから輪行で帰ってこれるじゃん!
と言う訳でエントリーしたのですが、平日の夕方~夜にかけて都心を通過する電車で輪行…無理 orz
なので、お昼過ぎの空いてる時間に出て満天の湯で仮眠して時間調整するぞ!作戦で行きました。

手賀沼には4時頃に到着(早っ!)
手賀沼自然ふれあい緑道はメチャクチャ豪華な自転車道です。
手賀沼を一周していないのは残念ですが、一周してたら自転車乗りのメッカになるんじゃないか…って雰囲気でした。

道の駅や周辺を散策してから満天の湯に行きます。
手賀沼手賀沼自然ふれあい緑道満天の湯

満天の湯は自転車置く場所が無くて1残念、館内の音楽・TVの音声が五月蝿くて2残念って感じでした。
温泉の泉質は良くてスパとしては申し分ないですが仮眠目当ての休憩場所としてはイマイチです。
食事は高くはなく妥当な値段だと思いますが、道の駅で食べたほうが良い感じはしました。

そんなこんなで大して眠れないまま受付に向かいます。

2012-BRM908-600Km 喜多方

受付

今回、フラッシュの付いていない防水DVカムしかもって来ていないので暗くて何もみえませ~んので夜間の写真は無しです。
道の駅の裏に設営されたテーブルでブルベカードに記入。
ブリーフィングでは仮眠場所の説明があり、受け付け順にウエーブスタートでした。

ど平坦(?) 一気に走りぬけたSTART~PC3

0:00 スタート

受け付け順が早かったので走り出したときには前に7~8人の状況でした。
車列がチョット長くないか?ってのと、微妙にペースが…遅い(特に下りが)…
付いて走っていると時おりイラッっとくるので思い切って前に出る事にします。

コースはドが付く平坦な感じで超走りやすくスピードが出ます。
「これがセラミックBBの威力か!?」(違)
デュラチェーンのおかげか変速もスパスパ気持ちよく決まり絶好調です。

信号にも殆ど引っかからず走れました。
なぜなら…押しボタン信号が異様に多いのですよ。
最初は気付かなくて「信号変わらないなぁ」とかボケッっと待っていたのですが2度目3度目になるともうね、赤信号で止まったら まず押しボタンを探すようになりました。

PC1(85.7km地点) レシートの時刻は 03:20
出発して折り返しの交差点で後続の7~8人の参加者とすれ違いました。

栃木を通過しているとコンビニの看板が茶色(?)のモノトーンなのですが、これ何か規制されているんですかね?
セブンもローソンも薄茶色の看板でした。
栃木のセブン

1日目の夜が明けてきました
夜明け

境の明神を越えて福島に入ります。
境の明神を越えて福島へ

R4の入口が分からずウロウロ ()w
地図ではアンダーパスの辺りからR4に入れる事になっていたのに入口が分からず何度か往復してしまいました。

PC2(169.1Km地点) レシートの時刻は 07:14
出発前にアイウエアのレンズを交換しているところで後続グループが到着、4人に減ってる…
PC2で後続が追いつく

ココの片側交互通行は難儀しました。
幅が超狭くて逃げ場が無い上に待ち時間が短いっぽい。(2分位?)
しかも結構な登りで曲がってるから何処まで続いてるのか先が見えません。
もう、全力で登りました。登りではココが一番疲れた()w
片側交互通行

勢至堂峠(←実は読み方が分からない)に向かいます。
埼玉ブルベの時はこの辺りで日が暮れて景色が見えなかったので「そうかぁ、こんな場所だったのかぁ…」を堪能しながら走りました。
片側交互通行

コースプロフィールで見ると結構な登りの筈なのですが、2回目で何となく感覚が分かるからかソツなく勢至堂トンネル(200.3Km地点)に到着 08:59(GPSログから)
勢至堂トンネル

黒森トンネル前(214.8Km地点)でシークレット 09:34(GPSログから)
湧水で冷やしたトマトとお茶を頂いて「登りが遅いんでそろそろ後続に抜かれますよ~」なんてスタッフとお話していると噂の後続者が到着…1人に減ってる…

黒森トンネルを通過
黒森トンネル

黒森トンネルを抜けると下り~平坦な感じで順調に進行し…軽くミスコースしながら道の駅に向かいます。

PC3(256.0Km地点) 有人チェック、時刻は11:11
コーラを頂き、スタッフの人と話をして「ラーメンバーガー」なるモノがあると聞いて…
ラーメンバーガー
カルボラーメン
基本ラーメンの面白メニューが色々あったのですが、量的な問題と金額的な問題でラーメンバーガー(350円)とカルボラーメン(480円)を注文しました。
カルボラーメンはスパゲティ・カルボナーラの麺をラーメンに置き換えた感じ(と言うかそのまま)です。
ペペロンチーノやボンゴレビアンコなんかのアッサリ系が好みなのでカルボラーメンは私にはちょっと重かったです。

早食いチャンプ(嘘)の私にしては珍しくゆ~っくり食べて、売店でチビどものお土産を物色。
白虎隊コスのアイルーと白鷺城に跨ったチョーッパーの根付けを購入。
目標より90分、予定より3時間以上早く進行しているのでココで大休憩を取る事にして、用意されていた休憩室で30分昼寝しました。

寝ている間に10数人通過したそうです。
スッキリした所でメインイベントの登坂に向かいます。
PC3有人チェック

メインイベント 裏磐梯 PC3~PC5

天気は最高(w に良く、大塩裏磐梯温泉に差し掛かった所で気温は33℃
手水場(?)で顔を洗い、手足に水を掛けて涼を取ります。
お祭りだったようで山車が通過するところでした。(写真は撮り損ねた)
大塩裏磐梯温泉

まずは取上峠を目指します。
前を走る青いGIOSのMasamicchiさんとは、この後ゴールまで前後して走る事になりました。
取上峠に向かう

取上峠(280Km地点)を通貨 14:16(GPSログから)
ガリガリ君が食べたくて堪らん感じになっていたのでコンビニで補給しようと思い、道の駅 裏磐梯はパスして桧原湖周辺をまったり進行
桧原湖

コンビは見当たらず、このままメインイベントの土湯に突入しそうな雰囲気が漂い始めたので物産店で休憩&ドリンクを補充
こんな事なら道の駅で休憩すればよかった orz

土湯バイパスを迂回する県道30号、Qシートの指示ではココが県道70号になってて最後まで悩んだルートです。
先が見えるのは勘弁して…「これ、凄いだろ?でも頂上じゃないんだぜ。」
横向温泉

↑から見た所。こんな所を登ってきました。
横向温泉上から

こんな坂を登っているにも関わらず心拍数は100前後(w 超踏ん張って120bpmとか
心臓がサボってるんじゃないかと疑いたくなります。
頑張って踏むと脚がダル痛い感じになるのでダル痛くなる直前の負荷で踏むとこうなります。
速度は8Km/hとか (´・ω・`) 歩くのと変わらない位の速度でゆるゆる登ります。

防水DVカムの静止画モードではどうにも綺麗に撮れませんので、ぜひご自分の目で見てください。
山育ちですが、こんだけ見事な山並みはなかなかお目にかかれません。
裏磐梯の山並み

あとはガンガン下ります。
汗に濡れたジャージでダウンヒルはちょっと寒かった。

PC4(336.6Km地点) レシートの時刻は 17:29
この先の道の駅でも仮眠できる場所があると聞いていたけど、どんな感じなのか全く分からないので埼玉ブルベでも利用した東洋健康センターで仮眠を取る事にしました。

未だ限界に達していないせいか、気絶するに至らず2時間半ウトウトしただけでした。
風呂に入ってウエア一式を着替えてサッパリして21:38出発。
前半のハイペースのおかげか、予定より3時間早く進んでいます。
東洋健康センター

次回の為に道の駅の仮眠場所を見ておこう…と思ったのですがカンバンを見落として通過してしまいました orz
道の駅を通り越してから猛烈な眠気に再度襲われバス停のベンチで数分休憩

通過チェック(396.3Km地点) に到着 11:43(GPSログから)

山は終わった、後は平坦…だと思い込んでいた… PC5~PC6

通過チェックのコンビニを過ぎれば後は平坦だと思い込んでいました。
甘かった…
コースプロフィール

アップダウンの連続で何処の西伊豆海岸だyo!と思いつつ進みます。
途中またまた眠気に襲われ…どっか眠れそうな場所 (・_・ )キョロ( ・_・)キョロ
一箇所、東屋みたいな所があったのですが近くに犬(放し飼い?野犬?)がうろついてて断念。
眠気覚ましにはキシリッシュ スーパークールが効きました。

アップダウンはシツコク続き、パラパラと雨が降りそうな気配までしてきました。
雨が降ったら嫌だなぁ…と思いつつ長い下りでやっとアップダウンも終わりかと思ったらまた長い登り。
長い登りが終わってダーっと下り、今度こそ終わりだ~
っと思ったら、また登り基調でヤレヤレと思っていると↑戸中峠のカンバンが…(´゚д゚`) トウゲ カヨ

見通しが悪くて豪快には下れない長い下りを慎重に下って
PC6(462.1Km地点) に到着 04:03(GPSログから)

店の横にベンチ(縁台と言ったほうが良いかな)があって 。・゚・(ノ∀`)・゚・。  良い店だなぁ
なんて思ってたら店の前にも縁台が2個…あー、この店、埼玉ブルベの時にも使ったなぁ

利用客も少なくてユックリ出来そうなので携帯のアラームをセットして縁台で15分気絶

今度こそ登りは終わった PC6~PC7

ちょっと寝てスッキリしたのと今度こそ本当に平坦(やや下り基調)のコースでスピードが上がります。
眠気覚ましのスルメを齧りながらハイペースで進行。
重量級の体格のおかげか平坦ならソコソコのスピードで走れるみたいです。(ちょっとした登りで失速しますけど)

2度目の夜明け 残り160Km
夜明け

なんじゃコリャ!? 良く見るとキティちゃん もあります。
ウルトラマン

今回の楽しみだったのはくるくる自転車ライフで紹介されてた「つくばリンリンロード」がコースに入ってる!事だったのですが…
途中で、つくばリンリンロードを横切った時からおかしいな?とは思っていたのですよ。
で、Qシートの「つくばリンリンロードに入る」と指示された場所にあったのは・・・
グリーンロードつくば
グリーンロードつくば

クリスマスプレゼントがコレジャナイロボだった小学生のような気持ち…

PC7(571.3Km地点) に到着 09:31(GPSログから)

暑くてやってらんね~ PC7~Finish

PC7で「他の参加者はどうしてるんでしょうね?毎回、この4人ですよねぇ」なんてお話して休憩。
MasamicchiさんはRDワイヤーが切れて固定で走っているとかで…そう言えば今回はFDのワイヤーが不安だからと思って予備のワイヤー持ってる。
提供を申し出ましたが、もうちょっとだから固定で走ると言う事でスタート

気温35℃、日差しを遮るものが無くて猛烈に暑いです。
農道

予定よりは大幅に早いですが目標には遠く及ばず、埼玉の600と同じくらいのタイムかな…って事で最後のダッシュは無しでまったりゴールを目指します。
取手駅が近づくにつれて短いけど激坂が数回あらわれ「これ固定で登るのは大変だなぁ」などと他人事ながら気になります。
ワイヤー渡した方が良かったかも知れんねぇ

Finish(602.9Km地点) レシートの時刻は 11:21
ガリガリ君をかじって休憩。
「速いんだか遅いだか全然分からないですね」「埼玉の磐梯山600の時は、コレくらいのタイムで50人中12~13番手でしたよ」なんて話をしてユックリとゴール受け付けに向かいます。

そして、伝説へ(to be continued) GOAL受付

熱いスープを頂き、レシートとブルベカードを渡してチェックを受けます。
ゴール受付

ココで驚愕の事実が判明 …「先頭でした…」…………… へっ?
Finishのコンビニでお話していた参加者が先頭でゴール、私が3番手だそうで…
出走60人の内、この時点で30人がDNFしたそうです。
前のほうを走っていた私達は天候に恵まれ快調に進めましたが、後続は戸中峠辺りで濃霧に見舞われ走れなくなったとか。

お茶を頂き、帰り支度をしながら暫し談笑
「土湯は最初から登るのを覚悟していたから辛くはなかった、それより延々続くアップダウンがキツかった」
「PC2までAV25Km/hとかで走ってて200Kmじゃないんだから このペースはヤバイと思って集団から抜けた」「先頭走ってたの私です…」
「仮眠をどうやって取れば良いのか分からないんだよね」「健康センターじゃ寝れないでしょ」「でもホテルはコスパが悪くね?」
なんて、スイカやお菓子を頂きながらグダグダな時間が過ぎるゴール後の雰囲気は大好きです。

CATEYE CC-MT400 MITY8の意見では
 走行時間:7時間55分 (←多分、2周している)
 走行距離:616.91Km (←ゴール受付までの距離です)
 平均速度:.E (←時間が長すぎて計測不能なのだと思う)

ATLAS ASG-15の意見では
 距離:612.7Km (登り:132.3Km 下り:130.6Km 平坦:351.0Km)
 上昇累計:5380m (平均:1.7% 最大:14.3%)
 時間:36時間24分
 平均速度:16.83Km/h
 走行時間:29時間10分 (登り:9時間31分 下り:4時間18分 平坦:15時間20分)
 走行速度:21.01Km/h (登り:13.90Km/h 下り:30.34Km/h 平坦:22.87Km/h)
 CAD 平均:71rpm
 消費カロリー:23,319Kcal

。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。

お家に着くまでがブルベです。

我孫子駅で輪行準備をしていて、フロント・フォーク用のエンド金具のワッシャーを紛失している事に気付きました。
まぁ、ただの押さえなので何か適当に付けとけば良い気はしますが、対策を考えないとです。
フロントバックは重心が高すぎてハンドルが不安定になるしヘッドライトの取り付けも見直したほうが良さそうでブルベ装備の課題はまだまだありそうです。

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

|

« シマノ青クリート導入 | トップページ | BRM916 AJ神奈川 八ヶ岳 400Km »

ブルベ」カテゴリの記事

コメント

大変お疲れさまでした。
完走おめでとうございます。
筑波市内の暑さは別格でした。
取手ではもうバテバテでした。
ワイヤーの件いろいろとお気遣いありがとうございました。
なんとか完走出来ました。
またどこかのブルベでお会いするようなことがあったらこちらこそ宜しくお願いします。

投稿: masa | 2012年9月11日 (火) 05時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25792/55624108

この記事へのトラックバック一覧です: BRM908 AJ千葉 喜多方 600Km:

« シマノ青クリート導入 | トップページ | BRM916 AJ神奈川 八ヶ岳 400Km »