« 06月の走行記録 | トップページ | 鶴見川 源流の泉 ~ 絶賛工事延期中 ~ »

2012年7月11日 (水)

BRM707 AJ埼玉 磐梯山 600Km

35時間25分で無事完走しました。
これでSR達成です。

今回の実走ルート
実走ルート
実走ルート

スタート地点からがブルベです

コースはスタートからゴールまで完全に初見で土地勘も全くありません。
キューシートとコマ図だけが頼りの手探り状態でコース状況もサッパリ分かりません。
分からない事だらけで、初めて伊豆半島を走った時以来のワクワク感がこみあげてきます。

今回、スタート地点が微妙に遠くて輪行だと間に合いませんし、自走でいけなくは無いけど初600Kmの前に70Km自走とか無理なので前泊しています。
東飯能駅前のマロウドイン飯能。結婚式場の隣で、招待客の宿泊をメインにしているホテルのような気がします。
前日は微妙に雨。天気予報は大雨 (´・д・`)

21012-BRM707-600Km 磐梯山

4時に目が覚めてしまったのでちょっと早めですがスタート会場へ
朝の段階ではギリギリ曇りで雨は降っていませんでした。

6時スタート組を見送って7時スタート組の受付開始を待ちます。
受付

雑誌の取材が入ってましたが…残念、取材されませんでした 。

ミーティング
6:45~ミーティング
「え~一般注意を~」
「次に、コース状況を~」 (´・д・`) 大雨かよ~
「それから、今回は炊き出しありません。」 (*´・Д・)エェェ~? ゴール後のグダグダな時間が好きなのに…

車検を受けて順次スタート
車検

PC1までは道幅の狭い市街地コースな感じ。
途中3回ミスコース。幸い、すぐに気が付き2Km位余分に走っただけでコースに復帰。

10:37 PC1では雨はポツポツ位の感じで雨具が必要な程ではありません。
PC1

PC1を出て暫くして雨が本降りになりレインウエアを装備。
バイザーを短く切ったパールイズミ レインキャップは視界を妨げず中々快適です。

PC2までは平坦な道でペースが…あがりません orz
な~んかスピード出ないなぁ…位にしか思わなかったのですが、周りの木の揺れ方とか見ると結構風が強いっぽい。
平坦コース

14:22 PC2に到着
やっぱり「風にやられた~」と話してる参加者がいました。

雨に打たれて汗をかいてる感はあまりしないのだけど、前回の教訓を活かしてシッカリ給水。
変に股間が痛いのですが、出発前にシートをいじった(念のためにコントアーマグナムのアダプタの予備を付けた)時にシートの高さが変わった気がします。
PC2

那須高原を越えてPC3に向かいます。
景色が良くて(時折漂ってくる堆肥の匂いがなければ)物凄くふいんき(←なぜか変換できない)が良いコースだと思う…雨さえ降っていなければ…
那須高原

私たちの事ではなく(w 那須高原ロングライド の事のようです。
帰りにコレとバッティグしたら嫌だなぁ…と思ったが…明日はこのコースは通らないじゃん。
那須高原ロングライド

那須高原越えはコースプロフィールを見る限りでは標高も大して高くないし平均斜度も大したこと無いし楽勝だと思っていました。
が、実際に走ってみると物凄く細かいアップダウンの連続で猛烈に脚を削られます。
距離的には同じでも登っている時間の方が圧倒的に長いので、感覚的にはず~~~っと登りな気がします。

そして、ココでASG-CM21がお亡くなりになりました。
水没には気をつけていたのですが…カバー掛けると画面が殆ど見えなくて、どうせ見えないなら水没しても一緒じゃん?
と言う訳で漢らしくカバー無しで使っていたら「バッテリーの電圧が低下しています…」警告が出るようになり(←電池切れではなく水没の予兆です)その後、電源が落ちてしまいました。
頼みの綱のASG-15も17:00頃には電池が切れる筈…困った。
と、キューシートを見ると、この先50Km近く道なりではないですか。
2時間あればASG-15をフルチャージ出来るはず…なので、ASG-15にモバイルブースターを繋いでコントアーマグナムの中にしまいます。
キューシート頼りで走行してるので誰かの後ろに付ければ楽だったのですが、なぜか後ろに付かれ一人巻き添えにしてミスコース(^^ゞ
100m位行き過ぎた所で気がつき引き返しましたが、釣られた人には悪い事した。(釣られた人も直ぐに戻ってきました。)

18:22 ようやくPC3に到着。
ギリギリいつものペース(Ave.20Km/h)だけど未だ220Kmしか走ってないのにかつてない疲労感(=_=;)

隣に自転車停めた人がASG-CM21に電源繋いでサランラップで巻いてるので「私のは水没しちゃいました~」とお話。
よく見たら、その人ANCHOR RNC7(白に黒ロゴ)で、コントアーマグナムで…気が合いますね。
その人のASG-CM21も私と同じ症状になって、修理に出したら直ったそうなので外部電源を繋がないと起動しなくなる現象は固体不良ではないのかもしれません。

PC3を出ると暗い山の中へ…勢至堂峠に向かいます。
素敵な風景が広がるとても ふいんき(←なぜか変換できない)の良さそうなコースです…明るければ…そして雨さえ降っていなければ…

メインのHL-EL540に加えてSG-325を点灯、街灯一本無い真っ暗な山道をエッチラ オッチラ 登ります。
真っ暗な山道では時折、参加者の自転車とおぼしきテールライトの明かりが前のほうにチラチラ見えるだけでも心強いです。

LD20を投入しても雨で視界が悪くブレーキの効きも悪くなっているのでユックリ下ります。
途中で1人パス。ずいぶんユックリ下っていますがライトが不安なのかな?
PC4までは、この人と一緒でした。
勢至堂峠を下って「もう登りは無いですよね?」と言い合った所で…あれ?黒森峠ってのが有る事になってますけど…
黒森峠への登りは大したことは無く程なく到着。
雨に降られるのを見越して防水カメラを持ってきたけど、フラッシュが無いので暗いと撮れません。
クロモリで黒森トンネルの図…ってのをやりたかったのだけど適当な看板も出てなくて断念。
せめて…って訳で黒森トンネルの銘だけ撮ってきました。
黒森トンネル

21:49 PC4に到着
PC4はスタッフの有人チェックです。
スタッフに通過人数を聞いたけど「(集計してないから)分からない…」そうで、20人くらい?って感じでした。
PC4

「猪苗代湖は出るんだよね」なんて事をスタッフが話してるのを聞きながら蕎麦を食べて休憩。
こう暗くちゃ出てもわかんねーよ と思いつつPC4を後にします。
「もう登りは無い」って聞いたような気がしたのに何故か登り。
ルートマップに △ピークのマークを付けてるから取り合えず未だ登るらしい。

雨でオイルが流れてしまったせいか時々ガキッっと何かが引っかかったような音がします。
富士山一周の時にはRDに木の枝が突き刺さると言う信じられないアクシデントに見舞われたので、また何かが挟まったのかと思って気になるが特に何かが引っかかっているような気配はありません。
健康センターに着いたらオイルを注そうと考えつつ進みます。

真っ暗な道で青い光がスーっと… ホタルかぁ…綺麗だなぁ
…でも…雨の日に蛍が飛ぶかねぇ、それに蛍のシーズンって6月ころじゃね?
とか、考えていると再びガキッと何かが引っかかったような音がしてクランクが回らなくなりました。
よく見るとクランクがFDに引っかかると言うあり得ない状態になっています。
そう言えば「FDが曲がるのはシマノの弱点」ってどっかに書いてあったっけ。
新型105は改善されたって聞いてたけどコンパクトクランクだからかなぁ
ツール缶にミニペンチを入れていたがミニペンチ位では歯が立たず、マイナスドライバーをクランクとFDの間に突っ込んで取り合えずクランクが回るようにしました。
気をつけないとチェーンがクランク側に落ちてしまいますが変速は出来るようになりました。

PC5に到着…誰も居ない…
直後に到着した人と「店が違うって事は無いですよね?」とキューシートを確認し仮眠場所の東洋健康センターに向かいます。
01:10 東洋健康センターの玄関口に自転車を停めチェーンにオイルを注す…が醤油入れ一個分では足りませんでした orz
無いよりはマシだと思うことにして装備を外し中に入ります。
風呂はちょっとぬる目でしたが雨でふやけてシワシワになった手足がサッパリしてリフレッシュできました。
ブラケットを枕に横になるが人の気配があって落ち着きません…それでも1時間半位気絶していたようです。
未だ寝足りない気はしますが眠れそうな気はしないので出発の準備をします。
一式持ってきた新しいウェアに着替えます。レインウエアは概ね乾いていました。

03:54 東洋健康センターを出発
雨はポツポツ程度で止みそうな気配の空模様になっていました。
郡山

すき家か吉野家か松屋があったら朝飯を取ろうと思うも、そんな物はなく非常食のSoyJoyを齧ってしのぎます。
次のPCに着いたら…とも思いましたが…100Km先じゃん…
途中のPC3のコンビニでアンパン&牛乳の朝食で休憩。

天気は次第に良くなり道も乾いてきました。
レインウエアを脱ぐと膝が回しやすくてペースがあがり楽になりましたが、復路も物凄く細かいアップダウンの連続で感覚的にはヤッパリず~~~っと登りな気がします。

気温はグングン上がり晴天を通り越してカンカン照りの様相を呈してきました。
白河

暖かい(暑い)陽射しに照らされて断続的に眠気が襲ってきます。
眠眠打破を投入…気休めにしかなりません (´-ω-`)
赤コーラとスルメ(丸ごと入ってるピリ辛スルメ)が一番効果的でした。

※この辺りから記憶が曖昧です。時系列が前後しているかも。

10:36 PC6に到着
休憩中の参加者がウェットルーブを分けてくれたので有りがたく注油、これでFDの不安が若干緩和されそうです。
PC7まで90Kmある…ビアンキジャージの人(バイクはピナレロだった気がする)と一緒にPC6を出発。
珍しく脚の合うひとで30Km位一緒に走ったが猛烈な眠気に襲われコンビニでストップ。

お茶とゼリーで休憩してフェンスにもたれて一眠り…しようと思った所でロードバイクに興味津々のオヤジにアレヤコレヤ話しかけられ眠れない (´д⊂) ツカレテンダヨ ネカセロヨ
「猪苗代湖を回って帰る所です」と言うと大げさにビックリされたがココからなら大げさに驚く程の距離じゃないと思うのだが、それも距離感が麻痺しているからだろうか?
結局、コクリとも出来ないままスルメを咥えて出発。

館林のマンホールは茶釜なのですね。
ぶんぶく茶釜ってこのあたりでしたっけ?茶釜饅頭とかあるのかな?
館林マンホール

途中で何度も前後した女性二人組みが見えたので追いつこうとダンシング…した所で左膝にピキッっとした痛みが…
やっぱりシートの高さが変わってて無理があったのかな。
ブルベ中にセッテイング変更とか死亡フラグのような気がしますが変えたほうが良さそうな気がしたのでシートの高さを変更。
その後は踏まずに回している分には痛まない感じになりました。

15:40 最後のPC7に到着。あと45km
予定より遅れていて渋滞に巻き込まれそうな気がします。

予想通り渋滞にあたるがR16や町田街道の渋滞に比べれば可愛いもので程なく抜ける。
渋滞

渋滞中に後ろに付いた3人に「膝をやっちゃって踏めないので先に行って下さい。」と声を掛けるが「いや、充分速いですよ~」と返され、そのまま前を走ることに。

今回は炊き出しが無いのでゴール手前のコンビニでジュースとオヤツを購入してゴールに向かう。
ゴール直前で「コッチですよ!」と声を掛けられるが…いやいやソッチじゃないだろ…
無視するのも悪いしソッチからでも行ける筈なので着いていくが迷ってウロウロしたあげく元のコースに戻ってゴール(w

ゴール受付でブルベカードを出すと…レシートが一枚足りない…
ココまで来てまさかの失格!?

一瞬青くなりましたがPC4でチェック済みのレシートの間に挟まっているのが見つかり無事チェック完了。

ATLAS ASG-15の意見では
 距離:601.8Km (登り:100.9Km 下り:98.7Km 平坦:404.5Km)
 上昇累計:3998m
 時間:35時間32分
 平均速度:16.93Km/h
 走行時間:27時間32分 (登り:6時間12分 下り:3時間34分 平坦:17時間46分)
 走行速度:21.84Km/h (登り:16.24Km/h 下り:27.65Km/h 平坦:22.76Km/h)
 CAD 平均:73rpm
 消費カロリー:24,513Kcal

。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。

お家に着くまでがブルベです。

炊き出しは無いけど どら焼きを頂きグダグダと雑談して休憩。
今回は水分補給に気をつけたおかげか胃は最後まで好調、コンビニで買った から揚げも美味しくいただけます。
出走が50人位で15人位が既にDNFしていてゴールしたのが15人くらいって事でした。

帰りは輪行で帰ります。
日曜の夜の登りだったので電車は空いてました。
新しく買ったロード320は収納が簡単で生地も厚くて持ち上げた時に脚に当たる感がなくて良かったです。
ティンバーランドはビンディングシューズよりは快適でしたが分厚いスリッパ位の感覚で2Km歩けと言われるとつらい感じです。

。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。

今回の走行距離
CATEYE CC-MT400 MITY8の意見では
 走行距離:612.39Km

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

|

« 06月の走行記録 | トップページ | 鶴見川 源流の泉 ~ 絶賛工事延期中 ~ »

ブルベ」カテゴリの記事

コメント

こんにちはいつも読んでます因みに「ふいんき」は「ふんいき」ですよ

投稿: | 2012年7月11日 (水) 12時11分

マジレスされると、どう返して良いのかわかりません。

投稿: チャーハン | 2012年7月11日 (水) 12時46分

600kmの長旅、お疲れ様でした。SR取得おめでとうございます。
やっぱり600kmともなると色々あるもんですね。先日、夜中の峠を下っている途中でワンピースの女性を見たというブログを読みました。
季節外れの蛍もさぞ美しかった事でしょう……なんて。

なるほど、次はランドヌール5000ですか~。

投稿: tom | 2012年7月11日 (水) 20時00分

SRおめでとーございます♪

雨が降ったからDNSっていう選択肢はないのですが(笑)
(天候でどういう選択するかは人それぞれ)、好天の時よりストレス感じることは多々ありますよね。

600のダメージってどのくらいで抜けるんだろう。。
毎週のように600クラスを走るおかしな知り合いもいますが、私は翌週はまだダメです。
日常生活には全然支障ないのに、通勤ママチャリを漕ぐ足が重いとか、階段は2F以上になると急に足が重くなったりとか…。 まだまだ修行が足りません(笑)

投稿: けーこ | 2012年7月17日 (火) 00時10分

>けーこさん
雨のブルベは初めてでしたが、こうなる事を予想して事前に雨の中を走る練習をしていました。

一週間たっても左手に若干の違和感が残っています。
自転車に乗り始めた頃に乗り方が悪くて手を痛めた時の感じに似ているので無理しない方が良いかな?と思っています。

投稿: チャーハン | 2012年7月17日 (火) 06時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25792/55169502

この記事へのトラックバック一覧です: BRM707 AJ埼玉 磐梯山 600Km:

« 06月の走行記録 | トップページ | 鶴見川 源流の泉 ~ 絶賛工事延期中 ~ »