« メガネフイタリーナ | トップページ | お酒と運動は控えてください (`・ω・´)キリッ »

2011年11月13日 (日)

サイクリング ~ 三国峠(明神峠) 213Km ~

予報では曇りのち晴れでしたが夜の間に降った雨で路面が濡れていそうだったのでドロヨケ(コントアーマグナムとも言う)を付けて出発…しようと思ったらRDが不調で変速できない(;´Д`)
ディレイラーワイヤーがアウター受けから外れているのに気づくまでに30分…スタンド外した時にずれたのかな。

今回のメインは三国峠(明神峠)、ついでに箱根から足柄に抜ける金時隋道です。

今回の実走ルート
実走ルート
実走ルート

先週は真茶色だった富士山が雪をかぶってます。
酒匂川から

箱根国道1号ルートを登るのも3回目。大分慣れてきました。
R1最高地点

精進池から靄が掛かり始め、下りでブレーキかけるとズルズル滑って怖い事になってます。
あたりは真っ白で視界も最悪。
芦ノ湖

芦ノ湖畔で休憩している間に靄が晴れてきました。
予定してませんでしたが、お土産入れ(コントアーマグナムとも言う)を付けてる事だし大涌谷で黒たまごを買うことにします。
大涌谷

大涌谷から富士山が綺麗に見えます。
富士山を見ながら黒たまごを食べて休憩。
大涌谷

仙石原は大勢の観光客で賑わってました。
仙石原

金時神社脇の林道(?)から金時隋道を目指します。
箱根側から登ると緩い登りで難なく金時隋道に到着。
金時隋道
金時隋道

金時隋道から地蔵堂は 10%、9%、12%の標識が出てましたから地蔵堂側から登ると結構厳しいコースかも。
雨で濡れたグリーチングに乗るとツルツル滑って危険なのでスピードは出せません。
地蔵堂

到着時間が早くて万葉うどんが開いてなかったのでそのまま足利峠に突入。
再び靄で視界が悪くなります。
足利峠

足利峠は14%~15%の区間が続きます。
汗と涎を垂らしながらヘロヘロ登ってる所を下ってきたトレイルガールにバッチリ見られてしまいました (/ω\)ハズカシーィ
足利峠

足利峠をゴルフ場の方に下ってセブンイレブン駿東小山で休憩。
サンドイッチ齧って休憩していた工事のおじさんと「どこ行くの~」などとひとしきり話して「三国峠から山中湖ですよ」と言ったときに「登れるの?」と言われたました。
その時は、よくある一般人の「自転車でよくやるねぇ」的な反応だと思ったのですが、その真意を後に思い知ることになります。

地図でルートをチェックしていて気になった金太郎郵便局
地方局みたいだけど金太郎郵便局の消印があったりするんだろうか?
金太郎郵便局

県道147号を進んで三国峠を目指しますが、足利峠で脚を使い果たしたのか何でもない登りで全くペースが上がりません。
ココを曲がるといよいよ三国峠・明神峠への登坂が始まります。
このコースを知った今ならココにはきっとこんな立て札を立てます。

【この坂を登る者、全ての希望をすてよ】

登坂開始

写真だと分かりにくいですが、8~10%の登りが延々続きます。
あそこを曲がれば…あそこまで登れば…緩くなってるかも…と言う希望はことごとく打ち砕かれ、カーブを曲がるたび、一見ピークに見える登りを越えるたびに新たな登りが現れます。
延々6Km、緩い区間なんて微塵もありません。
K147

唯一、県境まで3.8Km地点からの200m程が平坦に近い緩い登りなのですが、その直後にトンでも無い激坂が待ち受けています。
出ました○凹
登り始めはそれ程でもありませんが直ぐに物凄い激坂になります。
平均斜度で比べると箱根R1-5.5%、足柄峠-10.3%、明神峠 11.4% で足利峠と大差ない気がしていたのですが
ピーク直前に15%の登りを擁する足利峠もココに比べたら可愛く思えます。
いやこれ 20%超えてるんじゃね?(※後日追記:最大斜度は18%のようです。)
K147

○凹を超えた所で座り込んで休憩
足つきとかのレベルじゃなくて本格的に休憩です(w
いや、もう㍉
箱根・足利を回った後じゃなくてR246で真っ直ぐ来て登り始めたとしたら…やっぱ㍉
工事のおじさんが「登れるの?」と言ったのはそういう事か、こんな長い激坂を登れる方がどうかしてるって。

富士スピードウェイが見下ろせます。
何かレースやってるみたいでリザルトのアナウンスがココまで聞こえてきます。
富士スピードウエー

アベレージ6Km/hとかのあり得ない(w 速度でようやく三国峠に到着。
神奈川県境付近の明神峠を超えると三国峠までの1.8Kmは割と楽です。(と言うより明神峠までが辛すぎる)
三国峠

三国峠の下りから山中湖が一望できます。
あいにく富士山は見えません。
山中湖

久しぶりに道の駅どうしで休憩。
11/27(日)には、いのしか祭り(鹿と猪の肉を使った料理が出る)らしい。
鹿肉は丹波山で食べて別段美味しいとは思わなかったけど猪肉は食べてみたいが、家は日曜はロングに出られないので残念。
道の駅 道志

。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。Y⌒Y⌒Y。.+:・゚☆゚・:+.。


今回の走行距離
CATEYE CC-MT400 MITY8の意見では
 走行時間:10時間40分
 走行距離:213.51Km
 平均速度:20.0Km/h
ATLAS ASG-15の意見では
 距離:210.4Km
 上昇累計:3765m
 時間:13時間30分
 平均速度:15.2Km/h
 走行時間:11時間50分
 走行速度:17.8Km/h

にほんブログ村 自転車ブログ ロングライドへ
にほんブログ村

|

« メガネフイタリーナ | トップページ | お酒と運動は控えてください (`・ω・´)キリッ »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

>この坂を登る者、全ての希望をすてよ

チャーハンさんをしてこんな言葉を言わせるとは相当な猛者ですね。僕は絶対に近づかないようにします。捕って食われてしまう。

しかしサイコンによって意見がかなり違うんですね。走行時間にしたって、一時間も開きが。と言うことは僕のサイコンもあまり信用しない方が良いって事ですかね?

投稿: tom | 2011年11月13日 (日) 20時34分

こんばんは。
コントアーマグナム大活躍ですね。
泥除け兼お土産入れとは……。

それにしても恐ろしい道ですね。
「この坂を登る者、全ての希望をすてよ」
希望は棄てたくないので、そこは避けます(笑)

投稿: T78K | 2011年11月13日 (日) 22時29分

tomさん こんにちは。

サイコンの走行時間は信号とかの停止でどれくらい止まってたら停止と見なすかで変わるのだと思います。
CATEYEの方は2Km/hくらいだと走行とは見なさないみたいで、その差も出ているみたいです。
私は所要時間と全体平均速度に着目していてるので余り気になりませんが走行時間を気にする人にはいやな感じでしょうね。

投稿: チャーハン | 2011年11月14日 (月) 03時31分

T78Kさん こんにちは。

コントアーマグナムとオルトリーブのLサイズは定番みたいです。
リクセンカウルはアダプタの強度に問題があると言う話しは聞きます。
沢山積めた方が便利なのですが、重くなるので最近はなるべく小さいサドルバックで間に合わせるようにしてます。

「この坂を登る者、全ての希望をすてよ」は、何かのマンガのセリフだった気がします。
登ってる最中に頭に浮かびました。
初見なので、普通の峠のセオリーとして若干の緩急を期待していたのですが、登りっぱなしだったので余計にキツク感じたのだと思います。

投稿: チャーハン | 2011年11月14日 (月) 03時45分

うあーすげ…200km ライド。しかも、峠…。いつかは挑戦したいけど、まずはロードバイク手に入れないと(笑)

投稿: PistonBoys | 2011年11月14日 (月) 09時14分

PistonBoysさんはじめまして。

夜明け頃に出発して日が沈む頃に帰宅すると私の場合はだいたい200Km位になります。
坂好きではないのですが、景色が良くて走って楽しいコースを選ぶと自然と山に入って峠越えになってしまいます。

投稿: チャーハン | 2011年11月14日 (月) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25792/53232155

この記事へのトラックバック一覧です: サイクリング ~ 三国峠(明神峠) 213Km ~:

« メガネフイタリーナ | トップページ | お酒と運動は控えてください (`・ω・´)キリッ »