« ANCHOR RNC7 | トップページ | 非常用脱出装置(輪行バックとも言う) »

2011年3月 6日 (日)

サイクリング ~ 御殿場-乙女峠-小田原 ~

 サイクリングとポタリングは何が違うんだろう?…と考えるに、走る事自体を目的としているか手段としているかの違いのように思う。
と言う訳で今回はポタリングではなくサイクリングって事になるのかな…と。

今回の目的は御殿場までのR246ルートを見ておく事と箱根に上ってみる事。
R246ルートは丹沢湖に行ったときに谷峨の手前までは見ているので、谷峨から先のバイパス迂回ルートがメインです。

御殿場-強羅間は交通量を見ながら乙女峠と長尾峠のどっちを通るか決めるって感じで。
※乙女峠の方が楽そうなんだけど…トラックびゅびゅんだったら長尾峠に回るほうが安全かな…と思う。

予定走行距離は180Km、登りが長いからアベレージ16Km/hとして所要時間11時間15分と予想(予定じゃなくて予想なあたりが不安)
大休憩を1時間見てAM5:00に出発すればPM6:00までには帰宅出来る…ってプランで行きます。

§ 自宅~谷峨:R246
 5:21 カエルの神さまにサイフの中の小銭を全部(15円だけど)寄進して出発
 カエルの神さま

 7:02 名古木通過 凍結注意らしい
 名古木

 7:30 新籠場 自転車は通れないので、もう一個先の籠場を右折して県道72号に入る
 新籠場

 7:38 庶子 国道246号に復帰
 庶子

§ 谷峨~道の駅 ふじおやま:バイパス迂回ルート

 8:01 樋口橋で横断歩道を渡り安戸から県道76号に迂回
 樋口橋

  左が国道246号。
  自転車通行禁止にはなっていないけど交通量が多くて道幅が狭いので危険な感じがする。
  県道76号は交通量が少なく走りやすい。
 安戸

 8:15 新翔子橋で国道246号に接しますが、そのまま県道76号を走り続けます。
 新翔子橋

  ココを右に曲がると丹沢湖方面
 丹沢湖方面

  谷峨駅入口で再び国道246号に復帰
  復帰した先は登坂車線のおかげで道幅広くて走りやすい。
  登り車線側、左半分が路側帯になっているので超安心。
 谷峨駅入口

 8:35 生土で左側の県道394に入る
 生土

  富士山が正面に見えて気持ち良い。
 県道394

 9:02 道の駅ふじおやま で休憩
 道の駅ふじおやま

  富士の水で持参のポカリスエット(粉末)をボトルに補給。
 道の駅ふじおやま

  わさびコロッケを楽しみにしていたのだけど、時間が早くて未だやってなかった。
  たい焼き屋台のオヤジの態度が超悪くて一気に食欲うせる。
  ココでは何も食べる気がしなくなって先のミニストップのイートインで再休憩。

§ 御殿場~元箱根
 10:15 御殿場市役所前を左折して、いよいよ箱根裏街道に入る。
  足を温存する為にユックリ走ってきた…筈…なのに何故か既に足が重い。
  いきなり10%の登りにめげそうになったが、その後は6%位の登りで息がつける平らな所もあって思ったほどきつくない。
 箱根裏街道

 10:30 御殿場美華ガーデン通過。
 御殿場美華ガーデン

 10:51 乙女峠に到着
 乙女峠
 乙女峠

  富士見茶屋は … 華麗にスルー … 単にオサイフが寂しいだけなんだが (^^;
 富士見茶屋

  そして、狭い・暗い・長い・怖い…と聞いていた乙女トンネル…交通量が少なかったので平気でした。
  観光バスがビュンビュン状態だと逃げ場が無いですが、トンネルの中は平坦なので一気に走り抜ければそれ程でも無いような気がします。
 乙女トンネル

 12:05 元箱根に到着
  いか焼き食べて休憩
 元箱根

 12:29 道の駅 箱根峠に到着…って、なぜ到着する(・ω・`)
  ココまで来て反対方向に走ってたのに気付く。コッチは三島方面じゃないか(w
  アップダウンが激しくて芦ノ湖周辺を走り回るのが結構つらい。
  もしかして箱根園から芦ノ湖沿いの道は平坦だったのか?
 道の駅 箱根峠

§ 元箱根~帰宅
 12:50 精進池
  凍り付いてます。
 道の駅 箱根峠

 12:54 国道1号最高地点
  後は下るだけ。
 道の駅 箱根峠

 16:32 帰宅
  ズーラシア前あたりでクリートのネジが脱落してえらい事に…クリートが外れない…
  靴脱いで(w 何とか外しましたが再度はまったら二度と抜けなくなりそうなのでクリートが嵌らないようにユックリ漕いで走行。
  予備のクリートも持ち歩いたほうが良いのかな。
  予定より早い時間に帰宅したのでRNC7を軽く洗車。
  融雪剤を踏みしめて走って、白い車体が真っ黒ドロドロになってましたので。

  途中、道に迷ったりしたけど予定通りの走行距離/走行時間で帰着。
  今回は一番楽そうなルートで登ったけど、次回は…何処から登ろう…1号線は延々登りできつそうだったな、工事してて片側対面通行になってる所が2箇所あったし。

今回の走行距離
CATEYE CC-MT400 MITY8の意見では
 走行時間:8時間11分
 走行距離:187.23Km
 平均速度:22.9Km/h
GPS Logger M-241の意見では
 時間:11時間28分
 距離:189.5Km
 移動時間:8時間18分
 平均速度:16.5Km/h
ATLAS ASG-15の意見では
 距離:186.3Km
 時間:11時間32分
 平均速度:16.1Km/h
 消費カロリー:7646Kcal
 走行時間:9時間31分
 走行速度:19.53Km/h
 上昇累計:2406m

|

« ANCHOR RNC7 | トップページ | 非常用脱出装置(輪行バックとも言う) »

サイクリング」カテゴリの記事

コメント

はじめまして(=゜ω゜)ノ
写真が多くて分かり易く、かつとても楽しい記事でした。
自転車乗りたくなりました!
このルート参考にさせていただきます。

投稿: かまないかまないれもん | 2017年3月21日 (火) 17時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25792/51044171

この記事へのトラックバック一覧です: サイクリング ~ 御殿場-乙女峠-小田原 ~:

« ANCHOR RNC7 | トップページ | 非常用脱出装置(輪行バックとも言う) »