« ダンタリアンの書架 | トップページ | ベン・トー »

2009年2月14日 (土)

TracとTestLinkの共存

普通にやるとTestLinkが入らないのでTracLightningのApatchを使ってTestLinkを動かす方向で調整。
SubversionはTracLightningに入ってるのを使う。

使用したコンポーネント
1) TracLightning-1.8.2 Windows Installer
 ・2.0.xはSubversionがColbaNetになってるから1.8.xにした。
  Subversion導入時に調査した限りではCollbaNetよりも素のSubversionの方が扱いが簡単そうでした。
  既にSubversionを使ってしまっている場合にsvnserverが使えないようなのも気になります。
  今のところ、既存のSubversionのリポジトリをTracLightningに移行する方法が分かっていません。

2) php-5.2.8-Win32 Installer
 ・TestLinkがPHP5でないと動かないらしい。

3) mySQL-4.1.22-Win32 Installer
 ・TestLinkがmySQL4.1.x以上でないと動かないらしい。

4) TestLink_1.7.4.ZIP

インストール手順
1) TracLightning-1.8.2 のインストーラーを起動してインストール
 ・クリックするだけ。
 この段階で動かすと面倒な事になるっぽいのでインストールするだけで動かしちゃダメ

2) php-5.2.8-Win32 のインストーラーを起動してインストール
 ・Apatch2.2を選択
  Apatchのconfファイルの場所に TrackLightningのApatch22のconfを指定する。
 ・mySQLがディフォルトで×になっているのでインストールを選択 

3) mySQL-4.1.22-Win32 のインストーラーを起動してインストール
 ・ダウンロードする時にユーザー登録が必要だから登録はしてると思うけど
  どっかから拾ってきたバイナリでインストールする場合にはサインアップはスキップで良い。
 ・セットアップ時にStanderd Setupを選択。
  rootのパスワードを設定しておく。

4) TestLinkを解答して出来たフォルダをTestLinkにリネームしてTrackLightningのApatchのhtdocsの下に置く。
 ・Apatchのconfigを修正してindex.phpがウエルカムページとして機能するように修正する

5) スタートメニューのTrackLightningから[サービスのインストール]を実行

6) Windowsを再起動
 ・ここで一回再起動しないとTestLinkのインストールがうまくいかない。

7) ieを開いて http://localhost/TestLink/index.php にアクセスしてTestLinkのインストールを行う
 ・PHPとmySQLの設定が出来ていればインストールが完了する。
 ・インストールが完了したら mySQLとTestLinkサーバのID/パスワードを設定
 ・TestLinkに管理者権限でログインして設定完了。

★雑感
インストール済みで使用しているのがSubversionだけだったので比較的楽に切り抜けられたと思う。
TracLightningインストール済み状態にTestLinkを入れるのは可能だったけど、逆は難しいんじゃないかと思た。

|

« ダンタリアンの書架 | トップページ | ベン・トー »

元ヲタのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25792/44053541

この記事へのトラックバック一覧です: TracとTestLinkの共存:

« ダンタリアンの書架 | トップページ | ベン・トー »