« ラムネ(2) | トップページ | ”文学少女”と »

2008年8月29日 (金)

任天堂の修理が神対応な件

チビ(大)が泣きながら私のところに来て訴える訳ですよ
「いきなりレポートが消えたとか出た。」

まぁ、データが消えるとかありがちですから
「そりゃ仕方ないな、いちいち泣くな」

「でも、リザードン消えちゃったんだよ!」
リーフグリーンで育ててパールに連れて来たチビ(大)の最強ポケモン
アレが消えたら確かに悲しいな。

チビ(小)の雑な扱いのおかげで何度か体験した事からの推測ですが、DS版ポケモンのセーブデータに関してはガードがかなり厳重に掛かってます。
セーブデータは二重化されていて前回のセーブデータが破損していた場合には前々回のデータが呼び出されるようです。
※セーブ中に電源を切るとかカートリッジを抜くとかするとデータ破損を起こします。
注意なんか聞きやしない子供が使う事を良く分かっている作りだと思います。

チビ(小)のDS Lightで試してみたら正常に認識するのでチビ(大)のDS Lightでカートリッジを何度か抜き差ししたら直りました。

チビ(大)のDS Lightは扱いが雑な事もあってヒンジがへたって上画面の角度調整が出来なくなってます。
ヒンジのへたりが修理対象になるようなら修理に出そうと思って検索してみたら
任天堂の修理は神対応な記事がボコボコ出てきて感心しました。
任天堂の商売のやり方は好きじゃないけど玩具メーカーとしての姿勢は評価できます。
中には勘違いな批判もありましたが…
基本的に任天堂の対応の何が凄いかってのは
子供が泣きながら「おとうちゃん。壊れちゃったよ~(泣)」と訴えてきた時の親の心境を想像できる大人でないと分からないと思う。
無償だから凄いとかそういう事ではない。
そうでなくても「技術料980円がぼったくり」なんてのには世間知らずっぷりに笑うしかない。
何が高いって人件費が一番高いわけで、手作業が入った時点で技術料が跳ね上がるのは仕方ない。
私がヲタクだった頃にストZERO(←ゲームセンターにおいてある業務用のゲーム)を修理に出した事があります。
150円の内蔵電池交換に技術料が1万円掛かりましたが、これくらいが普通でしょう。

同じ玩具メーカーのバンダイやタミヤのサポートにも同じようなスピリットが感じられますので任天堂だけが突出して居る訳では無いようですが
携帯ゲーム機のライバルであるSONY(電器メーカー)と任天堂(玩具メーカー)の対応を比べると根本的な立ち位置の違いが明確に出ていると思います。
※日立や三菱などの白物家電メーカーだとまた違うのかもしれないと思った。

任天堂の神対応は海外でも評判になりつつあるようで(日本に比べるとアレですが)、海外での記事も見つけました。
Customer service gone shockingly right
修理依頼の電話をしたら近くに任天堂のサポートセンターがある事が判明
オペレータ:「伝票とか面倒な事はやめましょう。本社に持ってきてください。」
依頼者:「ま、まじぃ?」
で2週間かかると思っていた修理が30分で終わってしまった。
誕生日にプレゼントされたばっかで未だ遊んでないゲームをいくつも持ってた子供は週末をWiiなしで過ごさなくてもよくなって大喜び。

Bad Dog!
犬がDS Lightを食っちゃった
オペレータ:「普通は(補償対象外なので)全額負担で交換ですが…」
オペレータ:「私に出来るのは$50で修理をお受けする事くらいです。」
依頼主は格安対応に感激

twibe
Wiiリモコンのストラップの紐が切れたんでサポートにメールしたら丁寧な返事と新しいストラップが送られてきた。

|

« ラムネ(2) | トップページ | ”文学少女”と »

元ヲタのつぶやき」カテゴリの記事

日記のようなもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25792/42311783

この記事へのトラックバック一覧です: 任天堂の修理が神対応な件:

« ラムネ(2) | トップページ | ”文学少女”と »