« 塩の街 | トップページ | りかさん »

2008年7月17日 (木)

西の魔女が死んだ

訃報を知らされ、祖母の家に向かう車の中で
不登校の時期に祖母と送ったスローライフを振り返る中学生の少女の思い出話し。
自然の優しい営みが鮮やかに描写されています。
祖母は魔女の血をひくイギリス人で主人公まいはクォーターです。
孫娘に生きるしるべを示す魔女の教えは優しく心に染み込みます。
※スコットランドには公式に"魔女"と呼ばれる人達が存在します。ファンタジーの中の空を飛んだり魔法を使ったりする魔女ではなく、原始宗教のシャーマンみたいな存在(?)
ラストはけっこう感動的なので涙腺弱い人は電車の中では読まない方が良いです。

文庫には、祖母と別れてからの(時間軸的に祖母が他界する前だと思う)まいの物語「渡りの一日」が収録されています。

ラストの真相は想像して楽しみますが、まいとショウコが仲良くなるきっかけになった出来事と、おばあちゃんの山をおそった開発の波のエピソードはすごく気になります。
続編が出ないかな…っと


|

« 塩の街 | トップページ | りかさん »

元ヲタのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25792/41881624

この記事へのトラックバック一覧です: 西の魔女が死んだ:

« 塩の街 | トップページ | りかさん »