« 涼宮ハルヒの憂鬱 | トップページ | mylo »

2008年7月 2日 (水)

"文学少女"と

文学少女
"文学少女"のタイトルに引かれて手に取りました。
いろんな意味で"文学少女"です。

本を食べる遠子の設定から、ストローで物語を飲む吸血鬼(?)のお話「The Ink Drinker (Ink Drinker)」を思いを浮かべました。
※日本語訳は出て無いみたい。

物語を食べるゆえにグルメやソムリエのように印象を語る書評は、無性にその本を読みたくなる本の魅力にあふれています。

物語の前半では心葉と同種の苦悩をかかえた人々の物語を見ることになります。

“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)

文芸部にラブレターの代筆を依頼する少女が現れるところから物語が始まります。
文芸部って一体何をする部活なのか謎だったのですが、文で芸をするというのは、こいう事だったのですね。
何度も手紙を代筆するうちに、ラブレターを受け取っている筈の相手が実在せず、依頼者の少女は別の男子生徒と付き合っている事を知る。
ラブレターは一体何のために?誰に渡されているのか?

人間関係をうまく築けず、自分が○○したせいで(あるいは、しなかったせいで)人を殺してしまったトラウマを抱えた人物たちのドラマが「人間失格」をなぞらえて展開して行きます。
太宰作品と各々の素晴らしさを挙げ連ねるシーンは"文学少女"の面目躍如の感があるばかりでなく、読んでいると猛烈に太宰が読みたくなります。

※集英社文庫の新装版は「DEATH NOTE」の小畑健の表紙画で物凄い売れ行きらしい。

”文学少女”と飢え渇く幽霊 (ファミ通文庫)


文芸部の恋愛相談ポスト(実態は遠子のおやつ箱)に不気味な数字を羅列した手紙が投函されます。
投函者を突き止めるために張り込んだ遠子たちの前に現れたのは旧デザインの制服を着た…幽霊?
ホラーのジャミングでごまかされそうになりますが、物語りは割りと素直に「嵐が丘」をトレースして展開します。
自分を裏切った女に復讐するために、必死に財を築いて戻ってみたら、当の女は死んでしまった後。
悔し紛れに女の結婚相手とその妹を破滅させ、女の娘と監禁同然の生活を送る…
ごめんなさい、心情が理解できないので"文学少女"の蘊蓄聞いても「嵐が丘」を読みたい気分にはなりませんでした。

“文学少女”と繋がれた愚者 (ファミ通文庫)

三巻目は武者小路実篤「友情」
親友の為に親友が惚れた女性との中を取り持つはずが、その女性と恋に落ちてしまい友情か愛情かで苦しむ主人公。
今回は特盛!物語が三重構造になってます。
現実の出来事を物語になぞらえて道を示すのがコレまでの定番(?)ですが、この巻では劇中で現実の出来事になぞらえて物語のストーリーを進めています。
物語がいく層にも重なるミルフィーユの味わいです。

「人生は参りきったものではないと、本当のことはわからない」を真理先生 (新潮文庫)から引用しています。
この一文からゲーテの「涙とともにパンを食べた者にしか人生の味は分からない」を反射的に思い出しました。
何だか無性に「真理先生」を読んでみたくなりました。
※ついうっかり「真理先生」を購入してしまいましたが…微妙に後悔してるかも orz

“文学少女”と穢名の天使 (ファミ通文庫 の 2-6-4)

心葉と心葉をとりまく人たちの物語も緩やか展開してゆきます。
ツンデレ琴吹ななせと心葉の出会い、ななせの想いが語られます。
ファミ通文庫のサイトで(現在はもう読めないけど)「ななせの恋日記」というのが公開されていたらしい。
いずれ番外編とかで出てくるのだろうけど…読みたい…

物語は「オペラ座の怪人」をモチーフに、ななせの親友の失踪事件が展開します。

“文学少女”と慟哭の巡礼者 (ファミ通文庫 の 2-6-5)

「銀河鉄道の夜」をモチーフに美羽の、そして井上ミウの真実が明かされます。
カンパネルラが本当に望んでいたことは何だったのか?
これまでの物語では心葉は当事者と自分のトラウマを重ねる事はあったが読者(傍観者)の位置に居られたが今回は当事者になっています。
とっても"ニガイ"お話。

“文学少女”と月花を孕く水妖 (ファミ通文庫 の 2-6-6)

時間が戻ってます。
時系列では「"文学少女"と飢え渇く幽霊」と「"文学少女"と繋がれた愚者」の間に入る夏休みの出来事です。
「夜叉ヶ池」をモチーフに80年前の惨殺事件の真相を暴きます。
心葉と美羽の物語りは「"文学少女"と慟哭の巡礼者」で区切りが付き、ここからは心葉と遠子の物語りになりますが…
この巻は姫蔵貴美子の物語で遠子の物語としてはプロローグでしか無い感じです。

“文学少女”と神に臨む作家 上 (ファミ通文庫 の 2-6-7)

「狭き門」をモチーフに遠子の生い立ちが語られます。
物語の前半部分なので謎の提示だけで答えが朧げにしかみえませんが、「青空に似ている」が大賞を受賞した裏にハリー・ポッター誕生秘話みたいなエピソードがあったのではないかと"想像"しています。
「青空に似ている」で見せた井上ミウの作風は櫻井叶子の作風の対極にあるのではないかと。

流人が利己主義なのは最初からの設定だけど遠子が心葉に小説を書かせようとする理由もえらく利己主義です。
ココまでの遠子のキャラが全否定されてしまっています。

「"文学少女"と月花を孕く水妖」のエピローグに繋がっているはずなので結果は予測が付きますが、落としどころが想像出来ないです。

下巻は8月30日発売予定だそうです。

|

« 涼宮ハルヒの憂鬱 | トップページ | mylo »

元ヲタのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25792/41718901

この記事へのトラックバック一覧です: "文学少女"と:

« 涼宮ハルヒの憂鬱 | トップページ | mylo »